そもそもマンガ広告って何?

マンガ広告とは、ネット上や紙媒体で利用されることが増えているマンガを使った宣伝の方法です。
マンガ形式にすることによって分かりやすく情報伝達ができ、あまり興味を示していない人にも的確にアプローチができると言われています。

高いコストパフォーマンスを発揮するので企業としても使いやすく、複数媒体でも活用出来るため大きな効果に繋がるでしょう。
そこで今回は、マンガ広告について解説します。

マンガ広告が効果を発揮するのはどんな時?

マンガ広告による効果を期待しやすくなるのは、活字だけではうまく伝えられないようなややこしい内容の場合や、インパクトが欲しいときなどです。
そして宣伝したい商材をより身近に感じて欲しい時にも効果的であり、登場するキャラクター次第ではよりリアルに感じてもらえます。

その他にも活字だけで情報を伝えようとすると重要な部分を見落とす可能性もあり、さらにどこを最も強調したいのかを伝える手段が比較的限られています。
しかしマンガ広告という手段であればイラストやセリフ、カラーや背景の工夫によって内容にメリハリをつけられるので、より明確にお客様に情報を届けられるでしょう。

何を伝えたいのか、消費者にとってのメリットは何なのかをストレートに伝達できるというのは本当に嬉しいメリットです。

マンガ広告と一般マンガの違う点

マンガ広告も一般マンガも両方とも同じようにキャラクターが存在し、ストーリーが流れて起承転結の形で進んで行きますが、最大の違いといえばマンガが果たす役割です。
一般的なマンガは読む人を楽しませることを最大目標としていますが、マンガ広告は楽しませるだけではなく商材の購入や申し込みに繋げたり、企業の知名度や好感度を高めるといった目標があるのです。

つなり、マンガ広告を制作をする際には様々な部分にこだわりを持たせ、目的が何なのかをあらかじめ明確にしなくてはなりません。
その明確にした目的を達成するために最適なストーリーの作り上げることがマンガ広告では重要となり、その結果娯楽としてのマンガで終わるか、広告としての効果を発揮できるマンガになるかが決まると言っても過言ではないでしょう。

広告マンガは面白い?

場合によってマンガ広告はあまり面白くないと言われることもあります。
これは、上記したようにマンガが果たす役割が一般的なマンガとは異なるからです。

広告宣伝を目的としているため面白さ以上にプロモーション効果を求めるのは当然でしょう。
とはいえ面白いストーリーにして、なおかつ理想的な内容のストーリーが作ることが出来ればそれに越したことはありません。
そのためにもマンガ制作を依頼する前に、自社内で商材の魅力や伝達したい部分を明確に考えることも重要です。

おわりに

マンガ広告は人気が急上昇中の宣伝手段のひとつですが、一般的なマンガとは一線を画した存在です。
売上アップや知名度向上を目的としており、面白さよりもプロモーション効果を第一に考えるというのが一般的でしょう。
他社との差別化にも繋がりますのでぜひマンガ広告の制作を検討してみてはいかがでしょうか。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。