マンガ制作のポイント~チラシのターゲティング~

紙によるチラシは昔から広告宣伝手段として愛用されてきました。
地域を限定したターゲティング戦略を行う際に特に効果を発揮し、ネット広告などとは違った範囲の人たちにアプローチできます。

マンガ広告をチラシに掲載することによって、より多くの情報をより正確にターゲットに届けられるでしょう。
チラシとマンガ広告、お互いのメリットを活かしたチラシが制作できればより効果が期待できます。
そこで今回は、マンガ広告の制作でポイントとなるチラシのターゲティングについて解説します。

チラシの種類とターゲティングについて

チラシといっても種類は様々あり、特定の地域にポスティングをするものや街中で配布するものなど多種多様です。

例えばポスティングの場合は、一般的に徹底的なターゲティングを済ませた上で行うケースが多いです。
店舗の場所近くに在住する人たちを中心にチラシを配布することが多くみられ、この場合地域条件が最大のターゲティングポイントとなるでしょう。
ポスティングの場合は指定されている条件を満たした地域全体に配布するので、くまなくアプローチすることが可能です。

それに対して街中などで配布する場合には、場合によっては遠方に住んでいる人に配布してしまうケースも見られます。
ただ店舗の近くが生活圏の人に直接的にアプローチできるというのはメリットであり、長期的な固定客の獲得にも繋がりやすいです。
そのうえこの方法であればチラシを配布して即成果を生み出すという可能性もかなり高いです。

ポスティングの場合も街中での配布の場合もそれぞれにメリットがあり、どちらの場合もマンガ広告を掲載していると興味をそそりやすくなります。
特に配布する場合は一瞬でも興味を引くことが出来れば、受け取ってもらえる可能性が高まるでしょう。
業種によってターゲットとなる層が異なるのでそれを意識した上でマンガ広告のチラシを制作していきましょう。

ターゲットを明確にし商材のメリットをチラシで伝える

どのような宣伝方法の場合にも商材が持つメリットを的確に伝えなくてはなかなか効果が生み出せません。
チラシでアプローチする際には事前に商圏や年齢層をはじめとしたターゲティングを行っておくべきで、それがうまくいけばマンガ広告のストーリーにも反映させられます。
ターゲティング次第で掲載する内容やデザインを変化させ、またマンガ広告の詳細も変える必要があります。

そしてターゲットが魅力的だと感じるための、心に響くチラシ作りも不可欠です。
心に響かせるためにはターゲティングを行った時に把握できる情報を活用するのがおすすめで、ターゲット層を意識したコピーやマンガを用いることで直接的にチラシを使って呼びかけられます。

おわりに

マンガ広告を掲載しているチラシについてもターゲティングの重要性が高いといえます。
チラシの種類によってもターゲット層が変わり、配布の方法も違ってきます。
せっかく印刷して配るわけですから、より多くの人に読んでもらうためにもターゲットは明確に把握してから制作を始めましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。