マンガ制作のポイント~キャッチコピー①~

キャッチコピーは誰かに何かを伝えたい時に利用するものであり、広告制作の際にも重宝されます。
これの出来栄え次第でアピール力が大きく変化するため、ニーズを読み取り適切な情報を伝達することが求められます。

マンガ広告の制作においてもキャッチコピーは不可欠で、コピーが優秀か否かで読んでもらえる確率は変動します。
そこで今回は、マンガ制作のポイントでもあるキャッチコピーについて解説します。

キャッチコピーを作る流れについて

宣伝目的の媒体作り以外の際にもキャッチコピーは重要な役割を果たします。
そのため適切なキャッチコピーを作る必要があり、闇雲に作ってはいけません。

まずはターゲッティングによってどのような人たちに向けた情報提供なのかを知り、そのうえでターゲットをピックアップします。
次には宣伝したい商品やサービスの特徴やメリットをリストアップし、押さえておきましょう。
そしてターゲットユーザーと商材の特徴を結びつけて共通点を見つけ、アピールすべきポイントを探り当てます。
これが出来て初めて、ターゲットが心動かされるようなストーリーの流れを意識したキャッチコピーを作成することが出来ます。

ターゲットが抱えている悩みの内容とそれを解決するための手段をキャッチコピーに織り交ぜれば、ターゲットに向けたコピーが仕上がるでしょう。

キャッチコピーがマンガ広告の魅力を高める

マンガ広告はいたるところで利用され始めており、実際にかなりの成果を挙げているケースも見受けられます。
マンガの効果を最大限高めるためには、文字通りコピーでユーザーの気持ちをキャッチすることが不可欠です。

マンガ広告は起承転結形式のストーリーによって作られますが、まずはじめに読んでもらうためには読む人の気持ちを理解し、釘付けにしなくてはなりません。
カッコイイ表現をしなくても、心に響くコピーをマンガの冒頭部分やLPのファーストビュー部分に設けておけば、心を掴みやすくなります。
自分よがりのキャッチコピーではなくマンガを読む立場の人を、さらにターゲットユーザーの気持ちを理解すれば、コピーの効果を発揮できるマンガ制作ができるでしょう。

おわりに

マンガ制作のポイントとして挙げられるものにキャッチコピーがあります。
キャッチコピーは読む人の心をキャッチすることが求められ、マンガ広告の場合も同様です。
そのためにもまずはターゲティングを行い、ターゲットユーザーに響くキャッチコピーを意識しましょう。

マンガ広告の制作ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。