マンガ制作のポイント~キャッチコピー②~

キャッチコピーをマンガ広告などで使い宣伝することもありますが、成果が出にくいコピーがあることも知っておきましょう。
無闇やたらにコピーを作るのではなく、成果を出すためにはコツを意識してください。

このポイントはマンガ広告の制作時に重視したい部分でもあります。
そこで今回は、マンガ制作でのポイントでもあるキャッチコピーについて解説します。

良くないキャッチコピーを把握する

一般的な宣伝広告やマンガ広告には何らかのキャッチコピーが使用されていることが多くみられます。
それによって見る人を惹きつけて商材に興味を持たせ、成果に結びつけるという目的がありますが、それを達成できないものも少なくありません。
主観的で消費者のことを考えていないコピーの場合はそうなる傾向が強く見られますが、そうなってしまうと広告に関するコストパフォーマンスが低下してしまいます。

成果が出にくいキャッチコピーの特徴は、「消費者が知らない専門用語を多用する」「情報の詰め込みすぎで伝えたいことが分からない」「不自然なほどの自己評価の高さ」「他の広告キャッチコピーのパクリ」「消費者の不安を煽り過ぎる」などが挙げられます。

マンガ広告の読者は一般消費者ですので、当然消費者が知らない専門用語を利用するのは避けるべきです。
そして分かりやすい言葉を使ってキャッチコピーを作りつつ、消費者の不安を必要以上に煽り過ぎないようにしましょう。
上記の5つの成果が出にくいキャッチコピーの欠点は消費者を疑心暗鬼にさせてしまっているところにあり、それでは商品の魅力を的確に伝えることができません。
結果として広告宣伝する意味がなくなり、場合によっては自社のイメージ悪化に繋がってしまうかもしれません。

おすすめのキャッチコピーの作り方

キャッチコピー作りにはコツがあり、消費者を釘付けにして商材に対して興味を持たせる魔法のような方法があります。
例えば「レビューを掲載する」「悩みに対する解決策を提示する」「限定性を持たせる」「メリットを示す」「数字を使い信頼性をアップさせる」などがキャッチコピー作りのポイントです。

特に実際に利用している人のレビューは大きな効果を発揮し、マンガ広告においてもストーリー展開しやすいと言われています。
その他にも消費者が抱えている悩みをマンガの中で表現し、それに対してアピールしたい商材を使った解決策を示す、というのも理想的なキャッチコピー作りに繋がります。

そして人間は限定に弱いためキャッチコピーの中でも限定性を強調し、そのうえ具体的な数字を活用し信頼性を高めましょう。

おわりに

マンガ制作の時にも使うことになるキャッチコピーは、良くないものもあれば成果を出しやすいおすすめのものもあります。
それぞれの特徴を把握しておけばコピーづくりに活かすことができるだけでなく、マンガのクオリティアップにも繋がります。

マンガ広告の制作のご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。