マンガ制作のポイント~USPとは~

マーケティングで知っておく用語に、USPというものがあります。
例えばこれをマンガ広告のストーリーに反映させることができれば、商材のメリットや特徴を効果的に伝えられます。

マンガ広告を利用し始めているケースは見られますが、意識してUSPを付加させることでより良いマンガ広告が制作出来ます。
そこで今回は、マンガ制作におけるポイントのUSPについて解説します。

マーケティングで必須のUSPについて

USPとは「Unique Selling Proposition」の短縮形であり、商材独自のセールスポイントのことを指しています。
具体的にこの商材を用いればどんなメリットがあるのかを端的に示すことができ、たとえ商材に興味がない消費者にも効果的にアプローチができます。

自社の商材だからこそ可能なウリを見つけて、それをマンガ広告の制作の際に取り入れましょう。
マンガ広告の多くは商材の様々な情報を記載するために描かれていますが、USPを意識しなくては意味がありません。
USPの「Unique」は「独自」のことなので、単純に情報を掲載するだけでなく、他にはない独自のセールスポイントを見つけてマンガ制作に取り入れましょう。

ロッサー・リーブス氏はUSPの特徴として、「非常に強力に消費者に対してアプローチできる」という基準を示しています。
ありきたりな提案ではなく、ある種破壊力を感じられる内容でないといけません。

マンガで利用できるUSPの作り方

USP作りのためには、まず商材の特徴とメリットを洗い出す必要があります。
そのうえで同業他社の商材などと比較し自社ならではのセールスポイントがある部分を見つけ出してください。
USPにおける最重要ポイントが独自性のあるセールスポイントですから、競合と内容が合致しないというポイントが大切になります。

独自性のあるセールスポイントを発見できれば、それを消費者が心で感じ取りやすい端的な表現方法に改めます。
それによって成果の出やすいキャッチコピーが生まれますし、そのうえマンガ広告制作にも役立たせることができます。

マンガ広告もUSPを取り入れている作品とそうでない作品を比較すると、そのクオリティや成果には大きな違いが現れると言われています。

おわりに

マーケティングで必須のUSPは独自性溢れるセールスポイントのことを指し、キャッチコピー作りやマンガ広告制作に活かせます。
商材の特徴やメリットを洗い出し、その中から独自性のあるもの見つけ、端的に表現することが必要です。
マンガ広告の制作も他社との差別化に繋がりますが、USPを意識したマンガ広告が制作出来ればより効果が期待できるでしょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。