マンガ制作のポイント~内容はよりシンプルに~

自社の商品やサービスには多くのメリットや特徴があるのでそれを全部伝えたい、という気持ちもあるかと思いますが、できればシンプルな表現で宣伝することが望ましいでしょう。 というのも、あまりにも多くの情報が掲載されていると迷いを生む原因になってしまい、結果として期待していたほどの効果が得られなくなってしまいます。

基本的にはシンプルな表現で留めるように意識し、必要以上の文言の記載は避けておくと良いでしょう。
そこで今回は、マンガ制作でもポイントとなる内容のシンプルさについて解説します。

情報の詰め込みすぎは消費者を迷わせる

マンガ広告の制作やLPの制作の際には、とにかく数多くの情報を記載してアピールしたいと思うかもしれません。
もしくは多数の選択肢を用意し、好きに選べるようなシステムを導入して、その自由さを売りにしたいという場合もあるでしょう。

しかし、人が一度に読み取れる量には限界があるため、情報量や選択肢がたくさんあり過ぎると迷わせてしまいます。

消費者がどれにしようか迷ってしまうと、当初は購入意欲が高かったとしても徐々にそれは薄れていき、最終的には離脱してしまいます。

それは非常にもったいないことなので、購入や申し込みをしたいという消費者の考えを邪魔しないようにシンプルな内容にとどめておきたいです。

本当に必要な情報は何なのか、必要とされていることは何か、をしっかりと把握し、取捨選択するようにしましょう。

また特徴やメリットを記載する際にはどうしても長文になりがちですか、要点をまとめて読み手が理解しやすいように記すことも大切です。
マンガ広告の場合、本題に入るまでの展開があまりにも長いと読み手が空きてしまう可能性があります。
導入部分はあくまでシンプルにまとめ、読み手の集中力を保つことが出来れば、読者がしっかりと理解しながら読み進められるでしょう。

見やすく選択しやすいマンガ作り

世の中には数多くのマンガを使った広告やLPサイトがありますが、表記方法によって効果は想像以上に変わってきます。
上記のように情報を詰め込めば良いというものではなく、消費者が理解しやすい形で必要な情報を記載することが求められています。

マンガ広告を制作する際には、読む立場の人が見やすくて商材の詳細をきちんと理解でき、購入や申し込みという判断を下しやすいストーリーが理想となります。
ある程度マンガストーリーの中で作り手側が消費者を誘導して成約に結びつけるようにしましょう。

消費者に対して選択の余地を少なくし賢く誘導できれば消費者の負担が減るだけでなく、購入や申し込みの意欲も高まります。
プロモーションはシンプルイズベストと言われることもあるのですが、まさにその通りです。

おわりに

広告宣伝目的でマンガ制作を行う際には内容をシンプルにすべきです。
もちろん必要なメリット、詳細情報のデータは必要ですが、情報量が多すぎると消費者は迷ってしまいます。
制作を進めているとあれも入れたい、これも入れたいとなってしまうことが多いので、一度振り返って考え直すということもするようにしましょう。

マンガ広告の制作にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。