漫画広告の料金相場とは?WEB・ネット広告の費用と徹底比較!

漫画広告を掲載して宣伝するためには費用がかかりますが、WEB・ネット広告の種類は今やかなりの数存在しています。それぞれのネット広告の種類を把握して、費用などを比較しましょう。

WEB・ネット広告のメリット

ネット広告はパソコンやスマートフォン、タブレット端末でインターネットを楽しむと自然と目に入るものです。あらゆる人たちに対して効果的にアプローチでき、種類もたくさんあるので商材に合わせた形で宣伝可能です。そして紙媒体とは違い印刷する必要がなくすぐさま広告戦略を開始できる点も魅力です。ユーザー層を指定することもでき、ターゲットを絞ってコストパフォーマンスの向上も期待できるでしょう。さらにネット広告の場合は様々なツールが登場しているので、広告効果の測定が容易に行え、必要に応じて広告文章やキーワードの変更も行えます。 また漫画広告との相性もよく、複数の広告をネット上に出稿し、成果次第で自由自在に変更できる点も魅力です。料金相場もとても幅広く媒体によって大きく違っているので、予算的な悩みがある広告主であっても特に問題はありません。 テレビによる広告宣伝や紙媒体による宣伝に比べてリスクがかなり低く、大企業はもちろんのこと個人事業主などであっても積極的に広告活動が開始できます。ネット広告に関連する広告費の推移は年を追うごとに上昇しており、近い将来2兆円に届くことが予想されています。

各種WEB・ネット広告の特徴と費用を比較

ネット広告の種類はどんどん増加していますが、ここではその中の代表的な広告種別をいくつか紹介します。   ・リスティング広告   検索サイトで検索された際にそれに連動する形で表示される広告であり、1クリックあたりの単価がかかります。クリックされた数に応じて請求されるので、広告掲載したにもかかわらずアクセスがないという心配はありません。1クリックあたりの単価はかなり幅広く、一般的には10円~数千円程度です。上限単価をあらかじめ設定できるので安心ですが、入札単価次第では表示回数がかなり減少してしまいます。   ・ディスプレイ広告   サイトなどに掲載されている広告で、バナーを用いた広告手段が目立ちます。1クリックあたりの単価制のものもあれば、一定期間の掲載契約(純広告)によって広告掲載されるものもあります。単科制のものはリスティング広告と同様には10円~という相場となり、純広告の場合はサイトの規模や掲載位置によって変化しますが、数千円~数百万円と幅広くなっています。   ・SNS広告 近年利用者が急増しているサービスのSNSの画面に表示されているSNS広告。その広告種類は様々であり、クリック単価制のものもあればインプレッションタイプ、エンゲージメント課金タイプのものもあります。料金相場は1円~数百円程度です。漫画広告がSNS上で掲載されている例も増加しています。参照:http://markehack.jp/internet-advertising-rates/   ・動画広告   YouTubeをはじめとした動画サイトに投稿されている動画の再生画面に表示される広告です。動画広告を設けることもあれば、文字形式の広告を掲載することもできます。爆発的な人気を誇っている動画サイトに掲載することによって、多くのユーザー層に対して的確にアピールができます。広告の種類によって千差万別ではありますが、1回視聴されるたびに平均して10円以上は必要です。   ・タイアップ広告   サイトや動画制作者とタイアップをする形式であり、例えば記事の中で広告宣伝をしたり、動画の中で宣伝してもらうといった手法があります。大きな効果が期待できるものの通常の広告方法に比べると相場は高くなります。料金相場は1回あたり数万円~数百万円程度で、漫画広告も掲載できます。(サイト規模や動画の視聴者数などによって異なる) 以上の広告が代表的な種類になりますが、数え切れないほどの広告種別が用意されているのもインターネットの特徴です。料金形態も様々で、よく利用されているクリック課金型や再生保証タイプの他にもインプレッションタイプなどもあります。漫画広告は基本的にはいずれの広告にもマッチしますが、SNS広告やディスプレイ広告、動画広告、タイアップ広告には特に効果的でしょう。 そして上記のようなネット広告に掲載するために必要な漫画広告作りの相場は以下の通りです。5枚分のカラー漫画で20万円~50万円程度となります。複数の媒体でこの漫画広告を有効利用できるので、宣伝コンテンツ制作費用としては決して高くはありません。

ネット広告利用で重要になる数値とは

ネット広告を利用して宣伝を行う場合は、専門用語や効果を測定するための数値を知っておく必要があります。特に「CTR」「CVR」「インプレッション数」は常識になりつつあります。   ・CTR   クリック率のことを指し、掲載媒体と自社の広告の相性を判断できます。   ・CVR   コンバージョン率のことであり、誘導キーワードの内容や誘導先LPのクオリティなどでもこの数値が変化してきます。   ・インプレッション数   広告が何回表示されているかを示す数値です。インプレッション数が少ないと期待できるアクセスが低下するので、定期的にチェックを行うことが重要です。

まとめ

漫画広告を掲載することができる広告はインターネット上にたくさん存在しています。ディスプレイ広告やSNS広告、動画広告、タイアップ広告など様々で、料金は1円~数百万円ととても幅広いです。だからこそ予算や宣伝内容に合わせた広告選択が重要になります。ネット広告に掲載する際に把握しておくべき数値を知っていれば、漫画広告も賢く運用することができコストパフォーマンスの優れた広告戦略が可能になります。 そして漫画広告の制作相場は5枚分のカラー漫画で20万円~50万円ほどです。WEB・ネット広告は様々な種類がありますが、コストパフォーマンスで考えると、漫画広告の利用が最適でしょう。ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。