コミック動画の気になる制作費用とは?

コミック(マンガ)動画はインパクトを与えるだけでなく、動画を見ている人たちに分かりやすく内容を伝えられます。マンガ好きな人はとても多いのでそれを用いたコミック動画は、多くの人に興味を持たれています。宣伝のためにもコミック動画はとても便利ですが、これを制作する際には一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか。

コミック動画の魅力と強み

コミック動画は一般的なマンガと違いページをめくったり画面をスクロールする必要がなく、気軽に読み進めることが可能です。 イラストとセリフが順に流れてくるので頭を使う必要がなく、誰もが抵抗なく親しむことができます。 SNSとの関係性もよく若者にも好まれており、バズらせるためにも不可欠な宣伝手法です。

一般的なマンガとは一線を画した存在で、商品やサービスの説明にも向いていますし、小難しい内容であっても分かりやすく情報伝達が可能です。 動画という形でマンガが流れてくるのでコンテンツに含めることができる情報量も当然多く、その部分も大きな強みといえるでしょう。

コミック動画制作の際に気になる相場について

コミック動画を作るためにはその元となるコンテンツのマンガづくりが不可欠です。 コミック動画の時間的な長さ次第で必要になるマンガのページ数は異なり、例えば3ページの作品を作る場合には、10万円~30万円程度必要になってきます。 ディレクションも含んでいるのかどうか、カラーかモノクロかによっても相場は異なり、ちなみにカラー1ページあたりの相場は4万円~10万円程度です。

マンガ制作の他にも動画編集も行う必要があるので、これらを合算すると最低でも20万円程度かかり、高い場合だと70万円程度になるでしょう。 一見高く感じるかもしれませんが、マンガを用いない場合はモデルや専用アクターに依頼することになるため、結局のところコミック動画作りの方が実写に比べて相場金額が落ち着きやすいです。

おわりに

コミック動画はYouTubeなどの動画サイトでも多くみられ始めており、プロモーション目的で活用されることも多いです。 相場はカラーかどうか、ボリュームサイズなどによって異なりますが、動画編集費用も含め20万円~70万円程度というのが一般的な金額です。 実写よりも安くなることも多く、SNSなどでバズりやすいのでコミック動画は有用な手段だといえます。コミック動画を作り、アプローチをかけたい場合には、ぜひともお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。