マンガの「伝達力」は活字文章のおよそ2倍!

マンガはただ読んで楽しいだけではなく、活字文章に比べて多くの情報を含ませることができます。 ストーリー構成が可能な点も魅力であり、情報量が多くてもで頭を悩ませることなくスムーズに情報把握が可能になるでしょう。 では、マンガの「伝達力」は実際にどれほど優れているのでしょうか?

マンガをはじめとした伝達方法の情報処理量の差

私たち人間は現在、「書く」「話す」「読む」といった方法で様々の情報を理解しています。 これらいずれも日常において欠かすことができませんが、すべてが同じ情報伝達力を有しているわけではありません。 まず書く方法を用いれば、読者は1分あたりに30文字分しか理解できないと言われています。 それに対して話す場合にはその10倍の300文字を理解できると言われていて、大きな差があることがわかるでしょう。 さらに読むという方法は1分あたり1,000文字分の情報を理解できると言われていて、マンガになるとその2倍の2,000文字分の情報を理解が可能になります。 これほどまでに伝達方法によって処理量の差があるのであれば、やはりマンガを用いることが大切だといえるでしょう。

なぜマンガは情報伝達力を高めるのか

上記のようにマンガを活用することによって情報伝達能力を飛躍的に向上させることができます。 ですから第三者に対して何らかの情報を伝えたい際に、活字文章などではなくマンガを利用することもおすすめです。 ですがなぜマンガを利用することによって情報を伝達しやすくなるのでしょうか。 それは人間の脳と関わりがあり、活字文章の場合は左脳だけを働かせることになります。 ということは右脳はその間情報処理のために働いていないのでとてももったいないというわけです。 マンガはセリフが含まれているだけでなくストーリーも含まれていて、なおかつイラストも掲載されています。 その結果左脳も右脳も両方とも効率的に働かすことができるわけです。 脳の働きについてもしっかりと把握した上で情報伝達する手段を定めるようにすれば、おのずと結果が出やすくなるでしょう。

おわりに

マンガは活字に比べて情報伝達力が優れており、約2倍の効果を発揮してくれます。 書いたり話したりする伝達方法よりも優秀で、左脳だけではなくて右脳も効率よく働かせてくれます。 情報伝達力を高めるためにマンガを利用したい場合は、お気軽にご相談ください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。