教科書にもマンガ広告が使われる時代に!

学校で勉強を行う際に必ず利用するのが教科書ですが、どの教科のものであっても難しい内容が並び、遊び要素はほとんどありません。 そういった教科書が長い間主流でしたが、時代の変化とともにマンガが用いられるようになりました。 ここでは教科書にマンガが使われている理由やメリットなどを紹介してきます。

教科書にマンガを用いるメリット

学生は教科書を使ってありとあらゆる学問を修めることになりますが、中には理解することが難しいものもあります。 それらを分かりやすく習得するためにはマンガを通して学ぶことも重要になります。

また学習内容によっては、ストーリーを用いて学習する方が身に付きやすいものもあり、短期的な記憶だけでなく、長期的な記憶の向上にも役立ちます。この記憶力に関する研究が実際になされていて、一般的な活字だけの教科書に比べてマンガ形式の教科書や参考書の場合は短期記憶と長期記憶の両方ともでより良い結果がもたらされています。

目先のテストのためだけに学習するのではあまり意味がありませんが、マンガによる学習が行われればこれまで以上に質の高い学びが実現できるでしょう。 本来勉強は長期記憶として身につけるために実践するものですから、教科書にマンガを用いるメリットは非常に大きいといえます。

教科書にマンガが用いられ始めた理由

上記のように長期記憶を実現させやすいというメリットがあるだけでなく、勉強に対するハードルを下げるという魅力もマンガにはあります。自分が興味のある分野であれば学びたい気持ちが生まれますが、そうでなければ積極的に勉強しようと思いません。

それを避けるためにも教科書にマンガを用いることが大切で、自分が興味を持っていない分野であってもマンガがあればスムーズに学習をスタートできます。

最近では学びの効率を高めるためにAIDMAの法則が用いられることが増えていて、実はこの法則はマンガとも異常に相性が良いのです。 マンガならではのストーリー展開の中にAIDMAの法則のポイントを含ませ、さらにイラストやセリフなどを工夫すれば高いレベルのより良い学習環境が整うのです。

こういった理由から教科書や参考書にもマンガが使用されるようになり、実際にそれらを使って勉強する子供も効果を感じています。

おわりに

教科書にマンガを使うことによって短期的な記憶の他に、長期記憶も身につけることができます。 そのうえ嫌な勉強に対するハードルを低下させ、積極的に学ぶことができるようになるでしょう。 AIDMAの法則とも相性もよく、これからも教科書にマンガが用いられることが増えてくることが予想されます。 マンガを教科書などに掲載したいと思っている場合は、ぜひともお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。