マンガ広告は記憶に残りやすいってホント?

マンガはいろいろな目的のために活用されることがあり、娯楽目的の他にも勉強のためにも使われます。 勉強目的ということは長期記憶を高めることが重要ですが、マンガはその長期記憶に関しても優れた成果をもたらしてくれるでしょう。 ここでは長期記憶とマンガがどのような関係性を持っているのかをご紹介します。

マンガ広告と記憶のつながりを学会が検証!

学びを促すための教科書や参考書だけでなく、パンフレットやチラシなども、掲載内容を読み手に記憶してもらうことが大切になります。 どのようにして長期記憶として頭の中に残り続けてくれるのか…を考えた場合、マンガに行き着きます。 信頼できる検証が大学において行われ、日本教育工学会において正式に記憶とマンガの関係性が発表されています。 イラストやセリフなどとして頭の中に入るだけではなく、ストーリー仕立てになっているのもマンガが誇る強みでありメリットです。 その結果勉強を行った直後のみならず、その後時間が経過した際においても学習効果を維持し続けやすいことが判明しています。 そのため長期記憶を残すためにはマンガを利用することがおすすめと言えるのです。

マンガ広告だからこそ!長期記憶のメリット

気兼ねなく読み進めることができて嫌な思いをせずに学べ、多くの情報量を頭の中に叩き込めるのはマンガならではの特徴です。 長期的な記憶は様々なシチュエーションにおいて求められているので、ビジネスや学びの場以外でもマンガが積極的に活用されています。 特にストーリーをどのような内容にするのかが結果に結びつきやすいといわれ、例えば「注意」「興味」「欲求」「記憶」「行動」に関する内容を満たせば、読み手は興味津々になります。 これらの内容を満たしていればマンガを読み進める中で感情が変化し、心理学的な記憶効果も得られます。 マンガによるメリットはこれらの長期記憶に関するものだけではなく、親しみやすさのアップなども得ることができるでしょう。

おわりに

長期記憶はマンガを用いることにより生み出しやすくなり、さらに「注意」「興味」「欲求」「記憶」「行動」に関するポイントを押さえておけば尚更記憶にとどめやすくなります。 マンガが有しているメリットには、記憶だけでなく親しみやすさのアップなどもあり、情報提供の場においてマンガは活用され始めています。 長期記憶をもたらす目的でマンガを用意したい際にも、どうぞご相談ください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。