マンガLPの効果が出ない!?その原因はペルソナかも

マンガ要素を含めたLPは一般的なランディングページに比べてアピール効果が高くなっています。 サイトはアクセスした人に見てもらわなくては意味がなく、精読率を高めるためにはマンガを利用することが望まれます。 そしてより高い効果を得るためにはペルソナに気を配ることも大切で、これはマーケティングにおける常識です。 ここではペルソナがマンガLP作りに当たって重要だという理由について解説します。

LPにペルソナが求められる理由とは

ペルソナはマーケティングに関する用語であり、商品やサービスを宣伝する際に連想するユーザー像のことを指します。 闇雲に広告宣伝を行うだけでは広告費の無駄遣いとなることも多いのですが、しっかりとペルソナ設定を行うことで、具体的なターゲットを選定できます。 結果として適切な形でターゲットに対してアプローチしやすくなり、近年積極的に利用されているLPにおいてもこのペルソナ戦略は欠かすことができません。 もちろん一般的なLPの他に、マンガを使ったLPにもペルソナ設定は不可欠です。 ペルソナ設定を行っていると具体的なユーザー像やターゲットに向けたストーリー展開やキャラクター作りが可能になります。 アクセスしたユーザーがLPを見たときに分かりやすく、なおかつ興味をそそられるようなものになるでしょう。

ペルソナ設定により精度の高いマンガLPを作る

インターネット社会の今、数多くの企業が率先してLPなどを構築しています。 そんな中勝ち抜いて成果を得るためには、やはり上記のようなペルソナを意識する必要があります。 そうすることで精度を格段に高められ、作り手が陥りがちな先入観も防ぎやすくなるでしょう。 先入観があると効果的な広告作りは難しくなり、マンガ広告のクオリティも当然下がってしまいます。 LPに使うマンガの主人公の設定についても、ペルソナによって得ることができるターゲット像を参考にすれば的確な主人公を作れるでしょう。 マンガがLPに加えられていると具体的な内容をイメージしやすくなりますが、実はこれも綿密なペルソナが可能にしていることなのです。

おわりに

マンガLPは今では頻繁に見るようになった宣伝用のサイトですが、ペルソナ設定を行うことでマンガが持つメリットをより大きくしてくれます。 悩ましい登場人物の作成やストーリーの展開もペルソナ次第でクオリティが大きく左右されます。 ペルソナ設定を重視してマンガLPを作りたいという場合には、是非ともお問い合わせください。