SNSにおけるイラストの活用法

SNSが流行し長い時間が経過しましたが、相変わらず今でも多種多様なSNSが人気を博しています。 数多くのユーザーが利用しているわけですが、差別化や自己紹介のために独自性溢れるアイコンを使っている人も見られます。 アイコンはSNSにおいてある意味では顔ともいえる存在ですので、マンガ要素のあるデザインを用いることで目立たせることも可能です。 ここではSNS用のアイコンとマンガ広告について説明します。

SNSにはアイコンが不可欠

代表的なSNSとして挙げることができるのが、FacebookやTwitter、LINE、Instagram、mixi、TikTokなどです。 これらはいずれもアイコンを設定することができ、自分の画像や自ら撮影した様々な写真、その他インターネット上にある様々な画像が利用されています。 本格的にSNSを行う人も増えているためこのアイコンデザインに非常にこだわる人も多くいます。

それぞれのSNSによってマイアカウントページや他社から見る自らのページの見え方が異なります。 だからこそそれらもしっかりと意識してアイコン選択などを行う必要があるのでしょう。

従来使用されていたような画像はSNS上においては飽和状態となっているので多くのユーザーが新たなアカウントを探している状況です。 そんな中おすすめしたいのが、マンガ要素が含まれたアイコンです。 自分自身をマンガチックに描くこともできますし、その他マンガ要素を含ませた様々な動物やキャラクターをアイコンとして利用することもおすすめです。

SNSのアイコン設定で気を付けたいこと

SNSはインターネット上で展開されているので自分が発信した情報が瞬く間に全世界に広まります。 それは自らの投稿だけではなく、設定したアイコンも同様です。 これはプラスの意味も持っていますが、やり方次第ではマイナスの意味を持つので要注意です。

SNSで使用するアイコン作りの際には不特定多数の人たちが見て問題ないかも事前確認しましょう。 特に既存のキャラクターなどを使う場合は、著作権に関するルールにも注意してください。

そのほかにはアイコンサイズや画像の形式、拡張子も把握して作成してください。 そうでなければアップロードができないケースや画像が引き伸ばされてしまうといった現象が生まれます。 これではSNSにおいて自分の存在感を発揮することはできません。

マンガ形式のアイコンにする場合にはやはりクオリティも大切になります。 自分で描いてしまうとどうしても低品質なものになりがちなので、マンガのプロに依頼することも検討したいです。

おわりに

SNSに設定するためのアイコンにはマンガ要素を含ませた画像が最適です。 ただしクオリティのことを考えると自分で描くのではなく、マンガのプロに任せることがおすすめでしょう。 より良いSNSアイコンを作りたいと思われた場合には、お気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。