SNS広告の潮流とマンガ広告の活用法

SNS広告は様々な企業にとっての有用な宣伝方法と言われており、特に若者向けの商材を使う業者が積極的に活用しています。 通常の広告とは違い自然な形で広告を投稿画面やタイムラインに表示できる点はかなり大きなメリットでしょう。 もちろんFacebookやInstagramなどに広告出稿している人たちはたくさんおり、効果を挙げるためにマンガを利用する例もあります。 ここではSNS広告とマンガについて説明します。

どのようなSNS広告があるのか

SNS広告といっても種類は様々あり、画像を使用するものや活字だけのもの、ターゲット属性に合わせることができるものなどいろいろです。 最近では企業側が広告出稿しやすいようにそれぞれのSNSが工夫を凝らし、自社に最適な広告種別を選べるようになっています。

具体的なSNS広告の種類には「カルーセル広告」「画像広告」「動画広告」「ダイナミック広告」「ストーリーズ広告」「プロモトレンド」などがあります。 これらいずれにもマンガを用いることができ、画像もしくは動画形式でユーザーに対して積極的なアプローチが可能でしょう。

一昔前のSNSは活字主体のものが非常に多かったのですが、今ではInstagramやTikTokのように画像や動画が主体のSNSが人気です。 当然のように広告によって宣伝しようと思った場合、質の高い広告画像などが求められます。 マンガ広告はこういった画像や動画が主体のSNSにおいても力を発揮するのです。

SNSの広告にマンガを賢く用いるためには

マンガ広告が成果を生むことはもはや常識化しているのですが、マンガをうまく用いることができなければせっかくの効果が期待しにくくなります。 マンガを使用する理由はいろいろとありますが、その中のひとつに多大なインパクトを与えるというものがあります。 インパクトを与えられれば広告に注目してもらえ、伝達したい情報をうまく発進できます。 どれだけ素晴らしい商材を扱っていたとしてもインパクトを与えて注目されなくてはなかなか成果が出ません。

事前のターゲティングによってある程度想定されるターゲットを絞り込めるはずです。 ですからそれに応じたマンガデザインを施し、数あるSNS広告の中で特に有効だと思われる種類のものに出稿しましょう。 ターゲティングさえできればキーポイントとなるキャラクター作りやイラストタッチの選定も行いやすくなるでしょう。

SNSの広告にマンガを賢く用いるためには、上記のようにターゲットをしっかりと絞り込み、なおかつ好まれるイラストに仕上げましょう。

おわりに

SNS広告はマンガと合わさることによって多大な効果を発揮してくれます。 ターゲットに沿ったマンガを描き、そのうえSNS広告の種類選びにも注力してください。 SNS広告に使用するマンガ制作についても、お問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。