コミック動画がSNSで存在感を発揮!

SNSに掲載できる広告は画像を使ったものだけではなく、動画を利用したものも存在します。 インターネットの通信速度の高速化や端末の高機能化により、今まで以上に動画が好まれるようになっています。 ですからSNSにおける動画広告も積極的に閲覧される傾向にあり、マンガを使った動画も人気を博しています。 ここではSNSに用意されている動画広告とマンガについて説明していきます。

SNSの動画広告とは

各SNSでは動画広告の需要に気づき様々な形で動画も用いた広告を誕生させています。 代表的な例として挙げられるのは、FacebookのFacebook広告やTwitterのプロモビデオ広告などです。 もちろんそれ以外のInstagramやTikTok、LINEなどでも動画が使用できる広告種別を用意しています。

ただし各SNSによって出稿に当たっての決まりごとが異なり、時間の長さや動画の形式には注意が必要です。 また広告に関するルール設定も行われていて、望ましくない内容のものは避けたほうが賢明です。

動画は画像や文字以上に圧倒的な情報力を有しているものの、それを発揮させることはとても困難です。 そんな時には目立ちやすくて記憶に残りやすい、また要点を的確に伝えられるマンガを使った動画広告が推奨されています。

動画広告×SNSの狙い

上記のように動画を使ったSNS広告は人気を博していて、多くの情報をユーザーに対して伝達できる強みがあります。 ユーザーにとって本来広告は必要のないものなので、いかにして注目させられるかが鍵となります。 宣伝臭の強すぎる広告ではなく、マンガを使って自然な形で商材のアピールができるというのが成功のポイントになり得ます。 まさにそれを実現させてくれるのがマンガを使った動画広告になるでしょう。

こういった広告をSNSに出稿する意味は、「商材の宣伝」「企業のブランディング」「ファンの増大」となります。 ブランディングやファン作りというのは実はとても難しく、従来の方法で行ってはなかなか成果が出ません。 マンガは多くの人に愛され読まれている媒体なので、それを利用することにより賢くブランディングやファン作りが可能になるでしょう。

おわりに

動画広告はもはやSNSの世界においても欠かすことができないものとなりました。 動画の時間やファイル形式などには注意しなくてはなりませんが、きちんと制作できれば宣伝やブランディング、ファン作りができるはずです。 SNSの動画広告にマンガを活用したいと検討されている場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。