SNSのバナー広告にマンガという選択肢を!

SNSには多種多様な広告の種類が用意されており、広告出稿側はその中から適したものを選択できます。 一般的な画像による広告や動画を使ったもの、さらにマンガを取り入れたバナー広告も支持されています。 ここではマンガを使ったSNSのバナー広告の効果やメリットについて説明します。

マンガによるバナー広告作りの際に意識すべき点

SNSのみならず様々なサイトなどでバナーを見かけることができます。 それほどバナーは宣伝効果を有しているというわけですが、その分他と差別化しないと目立たせることができません。 SNSのバナー広告を作るときに意識したいのが、「驚きを与える」というものです。 いろいろな方法でアクセスユーザーに対して驚きを与えられますが、マンガのキャラクターを使うことは特におすすめです。 驚きと同時に親近感を任せられ、さらにクリックして読み進めたい…と感じさせる効果も期待できます。 ちなみに各SNSで設定されているバナー広告には規定の広告サイズがあります。 例えばFacebook広告は「1200×628」「600×600」。Instagram広告は「1200×628」「600×600」「1080×1080」「1936×1936」など、これ以外にもたくさんのサイズのバナーが利用可能です。 数あるSNSの中でも特にInstagramがバナー広告の出稿が行いやすいようです。 それぞれのSNSがどのサイズのバナー広告に対応しているのかは事前に確認した上で制作をしてください。

SNSにおけるマンガバナー広告の効果とメリット

SNSにおいてマンガバナー広告で成果をあげるためには、一般的な宣伝戦略と同様にペルソナ設定も必須です。 掲載する場所がSNSのためよりターゲットのパーソナルデータに合わせた広告戦略が可能になるので、ターゲットが好むであろうマンガデザインを用いましょう。 実際にペルソナ設定を行い、それに基づく形で適切なマンガバナー広告を出稿できれば、以下のような効果が望めます。 「新規顧客の獲得」「マンガを使うことによるイメージ戦略」「ブランディング」「他の広告以上に目立たせられる」 などです。 従来の広告にはないようなメリットが存在し、ユーザーが広告を見たときに感じやすい嫌悪感を軽減させられる点も魅力です。 バナーにマンガ要素を掛け合わせることによってかなり大きな相乗効果が得られるでしょう。

おわりに

バナーは決して新しい広告ではありませんが、マンガ要素を盛り込むことによって効果やメリットを発揮できます。 SNSにもマンガを使ったバナーはおすすめで、特にInstagramは規定サイズが多種多様あるためバナーを用いた広告戦略が容易に行えます。 SNS用のマンガバナー広告に興味を持たれている方々も、ぜひお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。