WEB担当必見!主要SNSまとめとマンガ広告

インターネット上のサービスは次々と新たなものが誕生しますが、その反面驚くような速さで衰退するケースも見られます。 そんな中日本において主要SNSと呼ばれるサービスが4種類ほどあり、ビジネス活動において成功を収めるためには利用が欠かせません。 ここではその主要SNSに関する広告と漫画について説明します。

主要SNSとは

時代が進むにつれて多くの人に利用されているSNSは変化を見せますが、現在においても「Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」は健在です。 もちろんそれ以外にもTikTokをはじめとしたSNSも利用されていますが、利用者層が多いのは上記の4サービスでしょう。 「Facebook」はユーザー登録をする段階で年齢や住所などの属性も入力するため、狙っているターゲットに応じた広告戦略が行いやすいです。 Facebook広告は画像も動画も利用しやすく、広告自体の種類も豊富です。 人気のあるコンテンツ作りに欠かせない漫画を用いた宣伝にも向いており、老若男女に向けたアピールが可能です。 「Twitter」もたくさんのアクティブユーザーがいて、タイムライン画面などに表示される広告はユーザーが注目しやすいです。 Twitter広告は一般的なSNSとは比較にならないほどの拡散効果を持っているので、例えばバズりやすい漫画デザインを施した画像などを活用すれば一気に話題になるでしょう。 Twitterと漫画の相性はとてもよく、主要SNSの中でも特に漫画を活用しやすいと言われています。 「Instagram」は若年世代の利用が多く、利用者層が他のSNSに比べて限定されているので対策も行いやすいです。 ということはInstagramユーザーに向いている商材を扱っている際には、Instagram広告を活用すべきでしょう。 「LINE」は上記3種類のSNSとは特徴が異なるものの、SNSに分類されることも多々あります。 スマホユーザーの多くがLINEを利用しており、一般的なSNSに興味を抱いていない人も積極的に活用しています。 だからこそLINE広告をうまく利用できれば、新たな顧客層の開拓も容易に行うことが可能です。

SNS広告に漫画を使う

SNSを利用しているユーザーの多くは日常的に様々なネットサービスを使っています。 ということは、普段から多くの広告を目にしており何か優れた部分がないと広告に対して興味を持ってくれません。 そういったユーザーの目を引くためには漫画要素も含まれている広告が物をいいます。 広告を用いたマーケティングはそう易々と結果を生むものではありません。 ですのであえてそれほど用いられていない漫画の活用を行うべきではないでしょうか。

おわりに

主要SNSの「Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」は、どれもが広告サービスを導入しています。 漫画の強みを活かした広告を出稿できればコストパフォーマンスの優れたプロモーション活動が可能でしょう。 主要SNSにおいても利用できる漫画の制作については、ぜひともお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。