マンガ広告の出稿先はWEBとSNSどっちが良いの?

ネット上に溢れる広告にはSNS広告とWEB広告があります。 普通に生活していると双方とも見かけることが多く、商品やサービスなどの宣伝を行っています。 たがこれらの広告には違った特徴がありますので、その辺りも踏まえて広告出稿するようにしましょう。 ここではSNS広告とWEB広告に関する特徴と漫画利用に関して説明します。

SNS広告とWEB広告の特徴

SNS広告も大きな分類の中ではWEB広告に該当しますが、ここでは別物として扱います。 SNS広告というのはFacebookやTwitter、Instagramなどに表示されている広告のことを指し、WEB広告はその他のホームページやブログなどに掲載されている広告を指します。 昔はWEB広告の方が圧倒的に利用されていましたが、最近ではSNS広告に注目する企業も増えてきました。 それはWEB広告に比べてSNSの場合はより細かくターゲットを狙い撃ちしやすいからです。 SNSユーザーが興味を持っている分野などの情報をあらかじめ把握できているというのは、宣伝において重要な役割を持ちます。 WEB広告はSNSとは違い数え切れないほどのサイトに掲載されるため、絶対的な広告表示数などはこちらに軍配が上がるでしょう。 特定内容のサイト(例えば美容サイト)に掲載をする場合は、当然そこに訪れるアクセスユーザーは美容に関心を持った人ばかりです。 ということは、効果的な宣伝アプローチも夢ではありません。 これらは双方ともに明確な違いがありますが、活用方法を間違えなければ多大な成果が得られそうです。 また漫画広告はSNS広告にもWEB広告とも好相性です。

ユーザーの深層心理にもSNS広告は働きかける

毎日のようにSNSを利用しているユーザーは多く、その分多大なプライベート情報をSNSサイトは有することになります。 その結果、ユーザーが深層心理で抱いている興味などにもアプローチしやすくなり、本人が気づかない事柄に関しても広告によって忍び込めます。 これは認知度を高めたいときやファンを作りたいときなどにも効果的です。 漫画は人間の心にうまく働きやすい特徴もありますから、SNS広告に最適でしょう。

おわりに

SNS広告とWEB広告は似ている部分もありますが、異なる特徴も多数持っています。 しかし共通して言えるのが漫画を用いた広告との相性の良さでしょう。 広告目的で漫画制作を行いたい際には、是非ともご相談ください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。