Facebook広告とマンガ広告はなぜ相性が良いのか

今でこそ少し勢いは落ちてしまいましたが、Facebookはかなりのアクティブユーザー数を抱えていました。 知名度も高く若者だけでなく、ある程度年齢を重ねた人たちも利用している点が魅力です。 ここでは漫画の活用もおすすめのFacebook広告に関してお話します。

Facebook広告の特徴について

Facebook上にはいろいろな広告が掲載されていて、頻繁に利用するユーザーにとってはよく見なれた光景だと思います。 ありきたりなバナーデザインの広告もあるのですが、そういったものはあまり効果を生まないでしょう。 そんな常識を打ち破ってくれるのが漫画であり、バナーを掲載するだけではなくて、4コマ漫画のような短い作品を使って宣伝することも容易です。 ターゲット戦略が行いやすくて、なおかつ購買意識が期待できる点もFacebookによる広告の魅力でしょう。 広告の効果測定もしっかりとできて、パソコンのみならずタブレット端末やスマホにおいても広告展開が可能です。 低予算で気軽にプロモーションが行え、ターゲットごとに漫画キャラクターをうまく使い分けることも有効です。 クオリティが高くてユーザーの心を打つ漫画に仕上げられれば、結果も出るでしょう。

Facebook広告を出稿する時の注意点

Facebook広告だけに限った話ではありませんが、とにかく事前に事細かなターゲティングを行っておくべきです。 せっかくプロモーションを行いやすいシステムが導入されているので、宝の持ち腐れとなっては意味がありません。 そしてFacebookの宣伝によって得られた成果を効果測定し、常にPDCAサイクルを回すようにしましょう。 そうすることによりユーザーが求めていて、結果が出やすい広告作りが可能になります。 PDCAサイクルをうまく回せば望ましい漫画広告のあり方も見つけられるでしょう。 他には予算設定や広告を配信するタイミングも見計らうようにすると、漫画広告の効果も高まるはずです。

おわりに

SNSの代表格のFacebookが提供している広告は、あらゆる形の漫画を利用しやすいです。 PDCAサイクルをうまく回せば望まれている漫画の内容も把握でき、どんどんコストパフォーマンスを高められます。 Facebook広告に最適な漫画制作をご希望の方は、どうぞお問い合わせください。 漫画のプロによる作品は、多大な効果を生み出すでしょう。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。