意外!?インスタ広告でマンガは有効なんです

Instagramといえば若者が中心にとなって利用しているSNSというイメージが強いです。 確かにFacebookに比べると年齢層も若いイメージですが、だからこそ狙い定めた広告戦略ができるともいえます。 Instagram広告は漫画とも相性がよく、利用方法次第では高いコストパフォーマンスも不可能ではありません。 ここでは漫画と相性の良いInstagram広告についてお話していきます。

Instagram広告の特徴について

Instagramは他のSNSとは違い、画像が主人公の媒体です。 ですから画像のクオリティと広告効果は比例するといっても過言ではありません。 このSNSで投稿されている画像は加工がされたものや美しいものが数多くあるので、広告として利用する画像も相当こだわることが重要です。 漫画を使うことによって画像の面白味や親しみやすさ、目新しさなどを表現することができ、それはクオリティの高さにも繋がっていきます。 目的を持ち、それを達成するためのターゲティング、ハッシュタグ戦略を徹底して実践するようにしましょう。 「具体的に何をCTAに設定するのか」を考慮し、CTA内容に従って広告戦略も変化させるべきです。 Instagram広告は「画像タイプ」というイメージが強いですが、最近では動画を使った広告もありますし、さらに漫画をうまく活用しやすいカルーセル広告も人気です。 例えばカルーセル広告は、画像をスライドすることも可能なため漫画によるストーリー展開も行いやすいです。 漫画作り自体は少々大変ですが、それ以外の広告出稿までの流れはとても分かりやすいです。 問題の漫画作りについても専門業者に任せれば、高いクオリティの作品ができ上がります。

Instagram広告で注意すべきポイント

Instagram広告を出稿するに当たって気を付けなくてはならない点がいくつかあります。 まず広告ポリシーをInstagram側で明記しており、それをしっかりと確認しましょう。 またInstagramは画像主体のSNSのため、画像や動画コンテンツの中に用いるテキストの割合も定められています。 一般的には2割未満に抑えることが望ましく、それを超えてしまうとパフォーマンスが低下してしまいます。 漫画を使った広告であればテキストが不可欠です。 しかしこの2割というルールを守ることも、Instagram広告で成果をあげるための重要なポイントです。

おわりに

Instagram広告は画像が主体で、その他にも動画も利用することができます。 画像も動画も漫画との相性が非常によく、特にストーリー展開できれば広告効果はかなり高まるでしょう。 Instagram広告で利用する漫画を作る際にも、どうぞご相談ください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。