徹底比較!インスタ広告、フェイスブック広告、マンガ広告

Instagram広告とFacebook広告はどちらも使い方を間違えなければ有用な宣伝手法です。 人気で数多くのユーザーに愛されているSNSのため広告配信数も多く、ターゲットに向けて適切にアプローチできます。 しかしInstagram広告とFacebook広告には違いがある点も事実なので、それらを理解した上で活用するようにしましょう。 ここではInstagram広告とFacebook広告の異なる部分について説明していきます。

両広告の比較について

まず知っておきたい違いには、主なユーザー層の違いが挙げられます。 Instagramは男性よりも女性が多い傾向にあり、利用世代は10代後半~30代程度となっています。 それに比べてFacebookはより幅広い世代に使用されていて、Instagramとは異なり仕事に絡めて利用するケースも多々見られます。 そして広告配信において重要な意味を持つ配信方法ですが、Instagramの場合は画像や動画を用いることによりユーザーに直接的にアプローチできるでしょう。 具体的に視覚に訴えることができる点も特徴です。 Facebook広告の場合は、例えばまだ認知度が低い商品やサービスの宣伝に適しています。 気になる広告配信時のターゲティング機能については、双方ともに質の高いターゲティング機能が備わっています。 Facebookの場合は老若男女が使用しているのであらゆる場面において活用しやすいですが、Instagram広告の場合はユーザー層が限定されているので一部の宣伝には向きません。 これら以外もInstagram広告とFacebook広告には大きな差が存在していて、業種や予算、アプローチ方法などによって使い分けることが大切です。

両者のメリットと漫画について

Instagram広告とFacebook広告はともにメリットを有しています。 若い女性に向けた爆発的なバズを求める際にはInstagramを利用することがおすすめです。 もちろんFacebookでもバズが期待できるのですが、明らかにInstagramの方がメリットが大きいです。 またInstagramにはハッシュタグ機能が備わっていて、発信する情報に興味を持っている人たちの注目を集めやすい点も魅力でしょう。 Facebook広告のメリットとしては、上記したように老若男女が利用しているため、アピールしたい商材を選びません。 実験的な広告宣伝を行う場としても利用しやすく、これはFacebookならではのメリットでしょう。 そしてこれら両方の広告は漫画との相性も素晴らしいです。 Instagram広告で漫画を使う時には若者向けのデザインに仕上げることがおすすめで、Facebookの場合は万人受けするような漫画作品の利用が良さそうです。

おわりに

Instagram広告もFacebook広告もそれぞれにメリットがありますが、異なる点もいくつかあります。 より精度の高い広告宣伝を実践するためにはそういった違いを知り、自社の宣伝にはどちらが向いているのかを把握するようにしてください。 これらの広告で漫画を用いられる際には、どうぞご相談ください

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。