広報誌へのマンガ掲載 特徴と制作ポイント!

大企業から中小企業まで、幅広く取り入れられている「社内報」。あるいは企業活動のPRとしての「広報誌」。こうした広報誌へマンガを掲載するケースが増えてきています。

少々堅苦しいイメージのある広報誌ですが、発行するからにはたくさんの人に読んでもらうことが大切です。どうすれば興味を持ってもらえるのか、ということを考えると、マンガ広告に行き着きます。

ここでは広報誌にマンガ広告を活用することで得られる効果や使用上のポイントなどを紹介します。

マンガ広告を掲載している広報誌の特徴とは

広報誌は会社やその他の団体などで配布されることもあれば、知らない間に自宅のポストに投函されていることもあります。基本的に多くの人が広報誌に興味を持っていなくて、軽く読むだけで捨てられたり、そもそも読まれないことも珍しくありません。

せっかく広報誌を作るのであれば読んでもらいたいですし、発信している情報を読み手に伝える必要もあります。これを成し遂げるために最近使われはじめているのがマンガ広告です。

マンガは以前より様々な媒体で利用されていて、特に新聞に掲載されている4コママンガは空前の人気を誇っています。それを見てもわかるようにマンガは国民に愛されており、それを広報誌に掲載することによってより身近な存在へと変貌させられます。

マンガが楽しみになり、新たな広報誌が発刊されるたびにすぐに読みたくなる!という嬉しい状態も作ることができるでしょう。一般的な広報誌にはない特徴を備えていて、目新しさを与えてくれます。

広報誌へのマンガ掲載のポイント

闇雲にマンガを掲載するだけではやはり興味を与えられません。そもそも広報誌にマンガが掲載されていることを周知する目的で、表紙部分にもマンガに登場するキャラクターを描きましょう。

そのうえで毎回読者が楽しくなるようなマンガづくりを行うことが求められます。これは誰もができる事ではなく、プロだからこそ可能なことです。プロによる精度の高いんマンガ制作を行うようにしましょう。

そして広報誌がどのような人たちに配布されるのかも調査した上で、ストーリーや登場人物のイラストを決めましょう。年齢層が高い世代に読まれる広報誌に若者向けのマンガを掲載しても好まれませんし、逆も同様です。ターゲットを見極めた上でマンガを有効活用しましょう。

おわりに

マンガ広告は多種多様な媒体に掲載されていて、広報誌にも登場することが多いです。人気のない広報誌も面白いマンガの掲載によって良い意味で変化させられ、精読率が向上するでしょう。

マンガ広告を広報誌に載せたいと考えておられる場合にも、ご相談ください。