大反響!サービス業におけるマンガ広告の活用例3つ

マンガを使った広告を目にされることが増えているかと思います。マンガ広告は、文章をメインにした広告よりも理解されるスピードが速く、記憶に残りやすいため、一般的な広告に比べて、集客や販促などの効果が高くなることが多くなっています。サービス業も例外ではありません。そこで今回は、サービス業におけるマンガ広告の活用例を3つご紹介させていただきます!

馴染みがないサービスでもマンガが活躍

「名前は知ってるけど、実際どんなことしてくれるんだろう?」そんなサービスの説明に、マンガが活躍します。たとえば、探偵事務所で考えてみましょう。「探偵事務所って怪しい会社なのでは?」とお考えになる方もいるかもしれませんが、マンガならそのイメージをやわらかく崩し、親身になって相談にのる姿勢を表現し、信頼感につなげることができます。

浮気の証拠をつかむのは至難の業。ご主人も奥様に浮気がばれないように用心深く動いているためです。そこで、お役に立つのが探偵事務所!プロの手によって浮気の証拠をつかんでみせます。こうしたプロの仕事を紹介して、解決までのプロセスをストーリーにすることで「こうなれるならわたしも依頼したい!」と思ってもらい、クライアントの背中を押すことができます。

マンガなら「これ私のことだ」が一発で伝わる

サービスを紹介するにあたっては、ターゲットをかなり限定して、そこにピンポイントで訴求したいケースがありますよね。そんなときもマンガが活躍します。たとえば、ゴルフレッスンで考えてみましょう。

今回のターゲットは「もっと飛距離を伸ばしたい」と考えている中年の男性です。その場合は「若い頃はもっと飛んだのに・・・そろそろ体力の限界だろうか」と悩んでいるシーンだけで、すぐに「これは私のことだ!」と気づかせることができます。逆に、若い男性や女性がターゲットなら「ゴルフのスイングはいいはずなのに、なんで飛距離が伸びないんだろう」と悩んでいるところに「基礎筋肉を鍛えるトレーニングはちゃんとやってる?」と語りかけるシーンで「自分ごと化」してもらえます。

ゴルフの練習方法は多岐にわたります。したがって、ゴルフレッスンのプロモーションは「ターゲットのニーズに対してピンポイントでアプローチする」ことが重要になります。マンガなら、主人公の姿を一目見るだけで「ここには私が求めている情報がある」と気づかせることでき、ピンポイントで訴求することが可能です。

マンガならサービス利用の流れがわかりやすい

マンガは、複雑なサービスの種類やその利用の流れを分かりやすく伝えることができます。たとえば、結婚相談所で考えてみましょう。世の中に数多くある結婚相談所、そのシステムは会社によってさまざまです。そのため、多くの会社から資料を取り寄せても、比較検討が難しいと感じたり、内容がよく理解できないケースも少なくはありません。そこでマンガの活用です。

マンガなら、登場人物のキャラクターによって、クライアントのニーズごとにどのサービスが向いているのか?を分かりやすく説明することができます。また、実際にマンガの主人公にサービスを利用してもらうことによって、各ステップでどのようなサービスを受けることができ、そのメリットについてもイメージしてもらいやすくなります。

その他にも、マンガなら仮定の話も自由自在に描くことができるため、結婚相談所の例で考えると「いい仲人さんからアドバイスをもらったケース」と「一人で頑張ってしまったケース」のオムニバス形式にすることで、仲人さんの重要性を明確にすることができます。「悪い仲人さんからアドバイスをもらったケース」を比較すれば、他社と比較した場合の自社の強みをより説得的にアピールすることができ、差別化につなげることも可能です。

まとめ アピールポイントを確実に理解してもらえる

いかがでしたでしょうか。馴染みのないサービスでもイメージしてもらいやすくなり、ピンポイントでターゲットに訴求できるだけでなく、差別化にもつながるマンガ広告。ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。