タクシー業界で効果が高かったマンガ広告の導入事例

近年、駅のホームやWebサイトなどあらゆる場所で見かけることが多くなったマンガ広告。実は、タクシー業界においても導入が進んでいるのはご存知ですか?すでに知っている方も「タクシー業界のマンガ広告って、どんなものなの?」とイメージできない方が多くいらっしゃるでしょう。そこで今回は、タクシー業界におけるマンガ広告の活用例を3つご紹介します。

マンガのストーリーで仕事の「やりがい」を訴求

マンガの魅力は何といってもストーリーです。その活かし方はさまざまですが、一つに「イメージ転換を図ることができる」という点があります。

タクシー運転手の仕事は、単にタクシーを運転して、お客様を指定された場所まで運ぶだけの単純労働だとお考えの方も多いことでしょう。リストラに遭ったり、就職先に困った中高年が、しかたなく転職する受け皿だと考えられることも多いようです。それだけに「車の運転ができれば誰にでもできる」と考えられがちです。

こうしたネガティブなイメージを払拭するのは容易ではなく、文章だけではタクシードライバーの魅力を語るのは限界があります。そこでマンガ広告です。たとえば、実際の仕事シーンを描くことにより、タクシー運転手はお客様を手助けして、感謝の気持ちをいただく、誇りのある仕事であることを伝えることができます。

タクシーを利用されるお客様の目的はさまざま。たとえば、病院に行くためであったり、誰かを迎えに行くためであったり、何らかの事情を抱えて困っている方がほとんどです。タクシー運転手は、そんなお客様を手助けする誇りを持てる仕事であることを、マンガなら実際の利用シーンをまじえたストーリーで説得的にアピールできます。

こうしたストーリーマンガは、採用ツールとしてよく使われています。冊子にして説明会のときに配布したり、ホームページに掲載したりと使い方もバリエーションが豊富です。

マンガ×動画で訴求力UP

近年、マンガと動画を組み合わせた「コミック動画」が流行しています。これは、マンガにモーションやセリフ音声などを組み合わせた「簡易版のアニメーション」です。こちらはサービスの説明だけでなく、会社のプロモーションとしても活用されています。たとえば、会社の「一期一会に想いを託して」というコンセプトを表現するためには、やはり文章だけでは不十分で、視覚的なイメージが必要になるでしょう。毎日新しいお客さんと出会い、その出会いそのものを楽しむ主人公のタクシードライバーの姿を描けば、まるで映画をのように伝えたいメッセージを届けることができます。

マンガなら潜在層にもアプローチできる

マンガのもう一つの強み、それはエンターテイメント性です。面白い、バズるコンテンツに仕上げることによってこれまでアプローチできなかったような潜在層にもアピールできるようになります。これはタクシー業界というどちらかというと「保守的」なイメージの強いケースでは、より一層の効果があります。20代~30代といった従来とは異なるターゲット層に対して、同年代が転職するストーリーを描き、その中で「自由になる時間が多いこと」「高い収入を得られる」「年齢や性別、前職は関係ない」の3つを上手くアピールすることができれば、その求人効果は非常にインパクトの大きいものになるでしょう。

まとめ アピールポイントを確実に理解してもらえる

タクシーは私たちにとって非常に身近なものですが、タクシードライバーという仕事については、正しく理解されていないきらいがあります。残念ながら、ネガティブなイメージが独り歩きしているのが現実ではないでしょうか。そんなとき、マンガ広告の分かりやすさが強い味方になります。タクシードライバーの実際の仕事シーンを描くことで、その魅力をしっかり伝えて、間違った古いイメージを払拭することが可能です。また、マンガに動画を組み合わせれば、視聴者にとっては文字を読む手間もなくなるので、最後まできちんと視聴してもらえ、アピールしたい点を確実に理解してもらえます。採用やプロモーション活動の「次の一手」を探している方は、ぜひマンガ広告を検討してみてはいかがでしょうか。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。