人気のマンガ広告!運送・物流業における活用例をご紹介します

マンガ広告は、ユーザーの側からは「わかりやすい」「身近に感じられる」と好評を得ることが多く、高い広告効果をあげるケースが増えています。運送・物流業界でも例外ではありません。そこで今回は、運送・物流業界におけるマンガ広告の活用例を3つ紹介いたします。

難しい内容もストーリーのおかげで分かりやすい

マンガの強みの1つに「分かりやすく説明できる」があります。これはケーススタディとして活用できるためです。たとえば、企業の在庫管理の課題を解決するシステムのプロモーションを例に考えてみます。ストーリーの大枠としては、よく現場でよく起こりうるミスを紹介し、そのミスに対してどう対策をとるべきか、さらには具体的な対策の提案を行なうという流れがよいでしょう。

ミスが起こった場面を文章ではなくマンガで表現することで、そのミスの内容をスムーズに理解してもらい、「よく起こることなのだな」「うちでもあることだ」と思わせ、共感を持たせます。マンガにはイラストがあるので「どのようなシーンのことなのか?」がすぐにわかります。そのうえで、ミスをした社員とは別の第三者的立場の社員を登場させ、ミスを叱っている社員に落ち着いて状況とミスが頻発する悩みを語らせれば、ごく自然な流れで在庫管理のミスの改善が必要であることをアピールすることが可能です。

そのミスの改善をする方法として、このシステムを導入すればどうですかと提案に入り、ニーズを掘り起こしたうえで、サービスの提案に進めています。このようにマンガなら具体的な利用シーンを分かりやすく描くことができるため、サービスのメリットをより説得的にアピールすることができるのです。

マンガなら仕事の魅力が伝わる

マンガは「従来のイメージを払拭したい!」というニーズにも応えてくれます。これは採用マンガによく活用されています。物流ドライバーの仕事は単純作業だと思われがちですが、実際にはお客様に対して細やかな心配りが必要な奥の深い仕事です。そのことをストーリー仕立てで表現することで「この仕事をやってみたい」との訴求効果を得ることができます。ターゲットとする年代の現職社員を登場させることで、自分をその方に置き換えさせ、その仕事をする自分をイメージさせる効果もあります。

具体的な利用シーンを描けるのもマンガの強み

次に、物流の仕事を請け負う会社を例にどのようなマンガが効果的かを考えてみましょう。ポイントは「自社の魅力を伝えるためにどのようなストーリーが良いか」を逆算して考えることです。たとえば、次のような話はいかがでしょうか。

運送・物流業界で大きな悩みとなっているのが、ドライバーの人員確保です。ドライバーを確保するために、まず求人広告を使うなどで正社員やアルバイトのドライバーを採用します。しかし、この業界においては、社員の定着率がけっして良くはありません。さまざまな理由で退職する社員が後をたちません。費用をかけて採用し、時間をかけて育成し、一人前になったところで退職されたのでは会社としては大きなダメージとなります。

そこで、社員採用だけでなく、運送業務の請負を提案しています。請負を使えば、人件費を大幅に抑えられるうえ、必要となる人数を確保できるため、業務に支障をきたすことがありません。このように、伝えたいメリットが引き立つような文脈をきちんと用意してあげれば、読み手は共感とともにより深くサービスの魅力を理解してくれるでしょう。

まとめ マンガは業界の課題解決に役立つ

運送・物流業界は日常的にさまざまな課題や悩みに直面しています。在庫管理をはじめとする物流システム改善の必要性もそのひとつです。

また、どの会社もドライバー人員を確保することがさらに重要な課題となっています。いかにして意欲の高い、つまり定着して長く勤めてくれるドライバーを集めるかが業績を大きく左右するポイントだと言っていいでしょう。

それだけに、ドライバーを確保するための求人広告は重要な位置づけとなります。特に若い年代の方に仕事の魅力をアピールし、「ドライバーでもやってみるか」との考えではなく「ぜひドライバーの仕事をやってみたい」と考える方を確保すべきです。マンガ広告の導入にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。