家電量販店でも導入が進む大人気のマンガ広告3つ

あらゆる業種で導入が進み、高い効果をあげているマンガ広告。ユーザーの側からは「わかりやすい」「身近に感じられる」と好評を得ることが多く、高い広告効果をあげるケースが増えています。家電量販店業界においても、従来の広告に加えてマンガ広告の導入が進んでいます。そこで今回は、家電量販店業界におけるマンガ広告の活用例を3つ紹介いたします。

「あるある」の悩みに共感させて購買意欲を刺激

マンガの強みの1つに「共感によって購買意欲を刺激する」という点があります。ここでは、ガス衣類乾燥機を例に考えてみましょう。

まず、日常でよくある洗濯の悩みを紹介し、「あるある」「うちもいつもそうだ」と読者をうなずかせ、そのうえで、その悩みを解消できる方法として、ガス衣類乾燥機の利用を提案します。洗濯が終わった衣類を乾す必要がないため、家事の時間を短縮できること、電気式の乾燥機に比べて、乾燥を終えるまでの時間が短くなること、乾燥した衣類の除菌効果が高いこと、そして月あたりのコストが電気式乾燥機に比べて格段に安くなることなどを紹介。最後に月々のリース料金を提示し、「この金額でこんなにメリットがあるのだ」と理解させることで購入までスムーズに導きます。

先に悩みを提示して読む方に共感を持ってもらい、そのうえでその解決策を提案する流れになっていますが、文章ではなくマンガを使うことで、洗濯の悩みやガス衣類乾燥機を使うことのメリットが、ひとつひとつ非常にわかりやすくなります。

新しい商品の広告こそマンガが有効です

マンガの強みの2つ目に「利用シーンをイメージできる」という点があります。新しい商品をプロモーションするときに非常に有効です。たとえば「介護モニタリングシステム」などですね。

家電製品の中でも、テレビや洗濯機、冷蔵庫、掃除機などポピュラーなものについては、どのような用途に使うものなのか、どんなことができるのかは特に説明する必要もないでしょう。もちろん最新の機能がそなわったものについては、そのアピールが他の製品との差別化になりますが、基本的な使い方はほぼ同じと考えていいでしょう。

しかし、介護モニタリングシステムといった、いわば特殊な家電については、どのように使うものなのか、どのようなメリットがあるのか、コストはどれくらいかかるものなのかを説明する必要があります。その説明をマンガを使うことでよりわかりやすくすることができます。その点が、特殊な家電を宣伝する際の大きなメリットであるといえます。

まとめ マンガなら家電の便利な機能をよりわかりやすく説明できる

家電製品はさまざまな分野でさまざまな種類の商品が販売されています。テレビや冷蔵庫などのポピュラーなものから、介護モニタリングシステムのようにニッチなものまで幅広く出回っています。

そのニッチな分野のものについては、どのような使い方ができるのか、それを使うことでどのようなメリットが得られるのかを説明する必要があるはずです。それらを使うことで便利だと感じることはもちろんですが、それ以上に「こんな悩みを解決できます」と提案することで、よりその商品に深い興味を持たせることが可能になります。

その提案をマンガで行なうことで、理解度が増すことになるでしょう。マンガ広告の導入にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。