人気のマンガ広告!金融業界における活用例3つをご紹介します

さまざまな業界で好評のマンガ広告ですが、金融業界においても導入される会社が増え続けています。金融業界の広告は、これまで何かと堅苦しいもの多く、それだけにユーザーにも敬遠されがちでしたが、マンガ広告を利用することで、少し難しい内容と思われる金融商品への理解を深めてもらい、高かった敷居をぐんと低くし、せまくて入りづらかった門戸が広く開放されたようなイメージがあります。今回は金融業界におけるマンガ広告の活用事例を3つ紹介いたします。

マンガで納得!株は全然難しくない

「株は難しいんでしょ」「なんとなく興味はあるけど難しそう」と考えている方は多いはずです。そのような方々のニーズを掘り起こすには、株のメリットや安全性の高い運用などを基本から説明することが必要です。マンガ広告は、その説明の段階には最適です。

たとえば、自分の注目した銘柄を買った後、高値になった時に売却して1千万円を超える大きな利益を手にしたり、外食産業の会社の株を長期間保有して安定した配当を受け取り、さらには株主優待の食事券を受け取り、食費を大幅に節約したり・・・。「自分もそうなりたい!」と思わせるストーリーを描けば、株式投資のサポートを受けるニーズが刺激されるでしょう。

会話で話が進むマンガで「?」に答える

「FX」という言葉を聞いたことのある方は多いはずですが、それが何なのか、また、実際の取引について詳しく理解されている方は多くはないでしょう。その説明は、文章で行なうよりもマンガで行ったほうがはるかにわかりやすいものです。

たとえば、次のようなストーリーはいかがでしょうか。株式投資にはそこそこ慣れて、初心者の域を出た感のある主人公ですが、FXは経験がありません。株式だけではなく、別の分野の投資もやってみようとFXの勉強をしているのですが、入門書を読んでも細かい部分がよく理解できません。

そこで、行きつけのカフェでよく顔を合わせる常連客に、FXの仕組みを教えてもらうことにしました。FXと株の大きな違い、どのような取引が行なわれるのか、そして、主人公がFXの入門書を読んでも「わかりにくい」と引っかかっていた「レバレッジ」と「スワップポイント」について、実にわかりやすく説明してもらいます。FX以外の投資を経験されている方も、投資はまったくの初めてとなる方も、主人公といっしょに基礎からFXを理解することができます。

その常連客は、なんと自社の社員だった!といったオチにすれば、自然に「サービスを利用してみようかな」と思わせることができます。会話で話が進むマンガだからこそ、読み手の疑問にきちんと答える形で伝えたいメッセージを届けることができます。

サービスの説明は「わかりやすさ」が命

「ネット銀行」は今やポピュラーになりつつありますが、それでもまだ十店舗がある銀行にのみ口座を開いて取引をされている方は多くいらっしゃいます。印刷された通帳もなく、振込のほとんどはインターネット上で行なうネット銀行は、「外部からのアクセスによってお金を抜かれるのではないか」「ネット上でのお金のやりとりとなると、現金を手にすることがないので実感がわかない」などとお考えになる方も多いようです。

しかし、ネット銀行をうまく使えば、自宅や会社、あるいは外出先でも口座のお金を使って振り込みの決済をできるなど、何かとメリットが大きいものです。このマンガ広告なら、そのメリットを中心に説明し、できるビジネスパーソンはネット銀行をうまく活用していると説明することができます。

銀行の広告も堅苦しいものが多く、内容を理解できても、親近感がわかない、別世界のものであると感じられることも多くあります。そこで、マンガ広告を使うことで、理解度だけでなく、親近感を高めることが可能になります。

まとめ マンガなら難しい内容をわかりやすく表現できる

金融業界の広告は、法律で広告表現に厳しい規制がされていることにより、どうしても堅苦しい表現になることが多くあります。

しかし、それではユーザーにとっては理解しにくいものとなってしまいます。マンガ広告は、その理解しにくい部分を払拭し、法律に遵守した表現や内容を使いながらも、目にする方に、商品やサービスの特徴やメリットを正しく、そしてできるだけ深く興味を持たせることができます。

今回紹介した株式投資、FX、ネット銀行、それぞれ興味はあるけれど、今ひとつ理解できない、わかりにくいと感じていた方は多くいらしたはずです。その方々に深い理解をしてもらえれば、そのまま顧客となってくださる可能性は高いはずです。マンガ広告の導入にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。