税理士事務所でも使われている人気のマンガ広告活用例

マンガ広告は税理士事務所でも使われています。 税理士事務所といえば、お堅いイメージが強いのですが、最近はマンガを使ったソフトな広告が目立つようになっています。 逆にいえば、硬いイメージがあるため、なかなか理解されにくかった部分が大きいものと考えられます。

それだけに、税理士事務所の全体をやわらかいマンガで理解してもらうことで、新しい顧客開拓につながるものと思われます。 今回は税理士事務所でのマンガ広告の活用事例を3つ紹介いたします。

ターゲットを共感させてニーズ喚起

会社経営、あるいは自営業をされている方にとっての決算や確定申告は頭を悩ませるものです。 規模が大きな会社であれば経理部門がそれらの会計処理を行なうものですが、小規模の会社や自営業となると、社長自らが経理処理を行なっていることも珍しくはありません。

できれば社長はこまごまとした経理処理など自分でせずに、社長業に専念したいところですが、専門の経理部門を作ったり、専任の担当者を決めるとなるとコストがかかります。 税理士と顧問契約をした場合も、月々の顧問料の他、決算や確定申告の書類作成には多額の費用がかかってしまいます。そのようなお悩みをお持ちの会社に、必要な時にだけ税理士の手を借りられるサービスがあるのをご存知ですか?

このような流れをマンガにすれば、経営者の共感をよび、サービスの利点をより深く理解してくれます。

「独立して会社を設立する男性」といった明確なターゲティングも可能

マンガ広告なら、ターゲットにピンポイントで訴求することが可能です。たとえば、次のような人たち。会社を経営するにあたって、税理士事務所は大変役に立ち、力強い味方になってくれる存在です。日常の経理はもちろん、決算時、また、助成金の申請や銀行や公的融資を受ける際の相談など、あらゆる面で力になってくれます。

逆に言えば、税理士のサポートなしでは、経営者の負担が大きくなってしまい、本業に費やす時間や労力が不十分になってしまうことも多々あります。 マンガ広告では、まずその点に軽くふれて共感をよぶことで、税理士の必要性を理解させることができます。

まとめ マンガなら他の税理士事務所との差別化が可能

税理士事務所がマンガ広告を活用すれば、これから会社経営を始める方にとっては、税理士の必要性をアピールできます。 会社経営が軌道にのってきて、業績が拡大し、自分で経理をこなしきれなくなっている経営者には、顧問税理士の探し方をアピールできます。

税理士事務所は数多くあり、他の事務所との差別化を図らなければ、新規の顧客を獲得することは困難です。

そこで役に立つのがマンガ広告です。

税理士に依頼することでどんなメリットがあるのかを説明して理解させることはもちろん、税理士はどのように探せばいいのか悩む方のために、事務所の特徴や強みなどをマンガで表現することで理解を深めることができます。マンガ広告の導入にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。