葬儀業でも使われているマンガ広告

葬儀業を営む会社もマンガ広告を導入することが多くなっています。「お葬式をマンガで表現するなんて」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、会社の内容やサービスをわかりやすく表現する観点を考えれば、けっして不謹慎とはいえません。むしろ必要なことだといえます。

特に、葬儀業の場合は、サービスの内容と今回は、マンガ広告をうまく活用することで、高い広告効果をあげる活用例をご紹介いたします。料金にわかりにくい部分があるため、理解を促すためにもマンガを使うことは必要といえるのです。

クライアントの不安にあらかじめ解決できる

葬儀を行なう必要は、時に突然訪れることもあります。お亡くなりになられた方の生前のお付き合い等で、葬儀の規模を考える必要があるかもしれません。

葬儀は突然必要になることもありますし、ある程度予測されるケースもあります。ただ、どのようなケースであっても、親族は葬儀のことを深く考えたくないのが実情でしょう。特に、ご存命のうちに葬儀のことを考えるなど、「縁起でもない」と言われてしまいます。

また、突然のご逝去となると、何の前準備もない状態で葬儀のことを決めなければならなくなってしまいます。そのような場合でも、悲しみにくれるご遺族に代わって、葬儀会社がお亡くなりになった方をお送りするお手伝いをいたします。

葬儀の規模は、お亡くなりになられた方の生前のおつきあいなどを考えて決めるべきですが、その点は葬儀会社にまかせればつつがなく進めてくださいます。それらはマンガ広告によって、的確に理解を促すことができるでしょう。

サービスに対する思いをストーリーに仕立てる

マンガ広告の魅力は、ストーリーによってサービスの利点や会社の思いを伝えることができる点です。たとえば、次のような物語はいかがでしょうか。

主人公の母がお亡くなりになり、葬儀を済ませた後、遺品の中から古いブローチが見つかりました。母は好んでつけることが多かったようですが、型が古いこともあり、自分の服には合いません。宝石がついていますが、価値がわからないのでジュエリーショップで鑑定してもらいました。結果はひと目見ただけで「高くはないものです」との鑑定です。

そのまま帰ろうとしたところ、通りがかりにジュエリーリフォームの店を見つけ、そこで再度鑑定してもらったところ、作った当時にはたいへん高価なものだったことがわかりました。当時、父が母に心をこめて贈ったものだったのでしょう。父がなくなった後も、母はずっとブローチを愛用し、特に入学式や卒業式などの大切な日は必ずつけていました。思えば、母とともに、亡くなった父も自分を見守ってくれていたのでしょう。

亡くなった母の思い出、そして、幼少時に亡くなった父への思い、それらがつまった大切なジュエリーを、形を変えてずっと持ち続けたい、そう考える主人公の気持ちの変化をマンガで表現し、広告を目にする方に感動を与えます。文章では伝わりにくい点も、マンガでわかりやすく伝えることができるのです。

まとめ 「心」を伝えるならマンガ広告

葬儀の場合、葬儀社を選び、どのような葬儀にするかを決めるのは、ご遺族の方々です。

ただ、葬儀の主役となるのは、お亡くなりになられた方です。その故人に対して、最大の礼儀と感謝、そして旅立ちへのお見送りを表すのが葬儀です。それでも突然のご逝去であった場合、何の前準備もなく葬儀を進める必要性が起こり、気持ちが混乱している状態で最適の葬儀を選ぶことは難しいはずです。そこでそのご遺族に代わって、第三者の立場から故人のことを考え、最高のお見送りとなるように葬儀をセッティングするのが葬儀社です。

葬儀の内容には各社大きな差はないでしょう。どれだけ心のこもった対応をできるかが差別化のポイントになるはずです。マンガ広告は、その部分を確実に押さえて理解してもらうことができます。マンガ広告の導入にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。