エステサロンの雰囲気までも伝わるマンガ広告!その3事例をご紹介

マンガ広告は雑誌の間や背表紙。
フリーペーパー等でよく見かけますよね。
最近ではネットやWEBなどでも、本当にマンガを読んでいるような感覚でストーリー展開するマンガ広告も様々あります。
それだけ各業界の企業はマンガ広告に力を入れている事がうかがい知れます。

エステサロン業界でも例外なく取り入れられており、紙媒体を始め、外看板やWEB上でも色々なお店マンガ広告をみることが出来ます。
そこで今回は、マンガ広告を導入したエステサロンの活用例を3つご紹介し、マンガ広告のメリットをこれからお店のPR活動を考えている経営者の方ややスタッフのみなさんにお伝えしたいと思います。

「わかりやすい」から安心感を得られる

マンガ広告では、サロンの様子や施術の内容。施術に使う道具や器具、そしてお店のサービスや雰囲気といった、文章や写真だけでは想像しにくい内容が一目でわかります。

広告は限られたスペースがあります。
例えば、フリーペーパーを使って文章や写真で表現すれば、広告スペースもそれなりの大きさを確保しなければならず、たくさん費用が掛かります。

しかしマンガ広告ではコマ割りをしてそれぞれのシーンをマンガで表現できますので、お客様たくさん伝えたいこともコンパクトにまとめられて、費用もあまりかかる事がありません。そして、やさしく可愛いタッチの絵柄を用いる事により、幅広い層の女性客に伝える事ができます。
これが、マンガ広告の最大のメリット“誰にでもわかりやすく伝える事ができる”ということです。

エステティシャンの「思い」をわかりやすく表現

マンガは求人広告にも使えます。

たとえば、次のようなストーリーはいかがでしょうか。主人公が勤めていたエステサロンは、自分が目指していたエステの世界とは大幅にかけ離れている事に気づく。
過酷なノルマにサービス残業で身も心も疲れ切ってしまう。
お客様に癒されてもらうのに、まずは自分がまったく癒されていないという現実。
実際にこんなエステサロンは多く存在するのではないでしょうか。

そこで主人公は、自分が描いた夢のエステティシャンの姿に近づくべく転職を決意。
ネットでとあるお店にたどり着き、やりがいある仕事と長年の自分の夢をマッチングする事ができたという物語です。

マンガ求人広告のメリットは、求人企業側の求職者への思いや、会社の雰囲気などがダイレクトに求職者側に伝わりやすいことにあります。
このような事をハローワークや求人情報誌の限られた行数の中では書き込むことは不可能に近いでしょう。

競合他社に差をつけられるマンガ広告

マンガ広告は、競合他社と比較した説明も得意です。
エステサロンにありがちな説明とサービス内容の食い違いが一目でわかる内容になっております。
これならどちらが安心なのか一目でわかりますね。

マンガ広告ではサービス内容や商品といった物の“メリット”“デメリット”を対比して表現し、誰にでもわかりやすく伝わりやすい内容にすることが可能となります。

また、印刷して紙媒体として配布したり、WEB上に展開してもその効果は変わる事はありません。
文字や写真だけでは、コンパクトに伝える事はなかなかできませんが、マンガ広告であれば、コマ割りをすれば限られたスペースの中で、お店側がお客様側に伝えたいいくつものメッセージを、そのスペースの中に入れ込むことが可能になります。

マンガ広告で、伝えたいたくさんの気持ちをお客様に

いかがだったでしょうか?
マンガ広告では、エステサロンの様々なサービスを事細かにお客様にお伝えする事ができ、さらに競合他社とのサービスや商品の対比といった事が簡単に出来る事が可能です。
それは、マンガには“誰にでも解りやすく伝わる”という特性を持っているからです。

今回紹介したエステサロンのマンガを男性が見たとしても、意味が解らないという男性はほとんどいないでしょう。
そして、マンガにする事によって、若年層や高齢者にも内容が非常に伝わりやすい物となるのが、マンガ広告の数あるメリットの一つと言えます。

文字や写真で伝えようとすれば、大きな広告スペースと多くのページ数が必要となりコストがかさむ場合がありますが、マンガ広告ではコンパクトにたくさんの情報をお客様にお伝えする事ができます。
エステサロンのマンガ広告に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。