社労士事務所も使ってる!人気のマンガ広告の活用例

「社会保険労務士」という士業をご存知でしょうか。
社会保険の手続その他を幅広く扱う専門資格になりますが、弁護士や税理士に比べると、その認知度は今ひとつ低くなっています。

その社会保険労務士がどんな仕事をしており、どんな時に役立つのかを説明するには、広告の利用が必須となりますが、中でもマンガ広告の利用が最適と考えられます。
そこで今回は社労士事務所におけるマンガ広告の活用例を紹介いたします。

士業広告の堅苦しいイメージを払拭!

訪問介護の事業を新規で立ち上げるとなれば、煩雑な手続きが必要になります。
専門家に依頼すればスムーズに処理がなされますが、高い費用がかかります。

しかし、クーポン利用で訪問介護事業を安く設立できるプランがあります。
訪問介護もそうですが、行政機関が管掌する事業は、設立時にはもちちん、その後も事業に関する報告など煩雑で手間のかかる手続きが多く発生します。
社内に専門部署や専任の担当者をおくこともひとつの方法ですが、人件費を考えた場合、外部の専門家に依頼した方がローコストでまかなえるものと考えられます。

ただ、その方法をとる場合、誰に、どこに依頼すればいいのかがわからないことがあります。
また、依頼した場合、どれくらいの料金がかかるのか、どのくらいの範囲まで任せられるのか、それらもわかりにくいことがあります。

さらに、士業の事務所の広告は堅苦しいイメージがあり、依頼することに二の足をふんでしまう、依頼しても、任せたい内容を十分に伝えきれずに中途半端なことになってしまう可能性もあります。
マンガ広告なら、そのデメリットを解消することができるのです。

人材育成にもマンガが活躍します!

社会保険労務士を目指す方に、国家試験の全体像を紹介したマンガ版の入門書はいかがでしょうか。
マンガを使って、社労士試験の全科目の基本知識を説明、理解度を深める方策をとるものです。
これから社労士の資格取得の勉強を始める方には最適でしょう。

マンガなら、あらかじめターゲットとなる読者をわかりやすく絞ることができます。
これから社会保険労務士の資格を取りたいと考えておられる方々など、イラストによって「誰向けのものなのか?」をはっきりさせることができます。

堅苦しい内容をやわらかく表現して理解度を深める

社会保険労務士はどんな仕事なのか、どんな場合に依頼できるのか、依頼した場合はどのくらいの料金が必要になるのか、その他一般的にはわかりにくい部分が多くあります。

また、社労士になるにはどのような勉強をすればいいのか、独立して事務所を持つにはどうすればいいのか、そのあたりに興味を持つ方も多いことでしょう。

ただ、国家資格が必要となる士業の広告となると、どうしても硬い表現になりがちで、提供して情報の理解度が不十分になったり、「わかりづらい」「難しい言葉が多くて読みにくい」と敬遠されることもあります。

そこで、情報提供にマンガを活用することで、ターゲットされる方々の理解度をより深め、正しい伝達が可能になります。
マンガ広告の導入にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。