マンガを活用したダイレクトメールはなぜ流行っているのか?

ダイレクトメールは我々にとってとても身近な宣伝広告方法ですが、少しの工夫によってパフォーマンスを大幅にアップさせられます。その方法として注目されているのがマンガ広告の利用です。なぜ今、ダイレクトメールにマンガなのか?その秘密に迫ります。

なぜ、ダイレクトメールにマンガなのか?

ダイレクトメールという宣伝手法は一昔前のものといったイメージが強いのですが、実際は今でも多種多様な企業によって採用されています。特に潜在顧客や顧客、地域を限定した人たちにアプローチする際には大きな役割を担い、必要なコストに比べてかなり大きなパフォーマンスが期待できると言われています。時代によって主流となる宣伝手法は異なり、実際インターネット上での広告がダイレクトメール以上に人気を博しています。しかしコストパフォーマンスはダイレクトメールの方が優れているというケースも少なからずあり、ネット広告ではアプローチできない部分にも入り込んだ宣伝ができるでしょう。

ただダイレクトメールにもデメリットはあり、まずそのメールを読んでもらえなくては全く意味をなしません。それはネット広告と同様ですが、ネット広告であれば自ら気になる広告をクリックしサービス情報をチェックするということもありますが、ダイレクトメールの場合は基本的には受け取る側は完璧な受け身体勢です。より興味を持ってもらい詳細を読んでもらい、購入や申し込みを行ってもらうためには、とにかく目立ちわかりやすくなくては意味がありません。そのために用いたいのがマンガ広告であり、実際人数多くのダイレクトメールにマンガが組み込まれています。

マンガ広告は多種多様な媒体で見かけますが、ダイレクトメールで見かけるケースが非常に多いと言え、それは実際に大きな効果を発揮しているからにほかなりません。文章や商品の写真だけでは宣伝色が強すぎるため、商品やサービスに対して興味を持っていない人も親しみやすいマンガを利用することが望ましいわけです。

マンガの有効性と利用価値について

ダイレクトメール作りにおいて重要視されるのがキャッチーさや理解のしやすさ、申し込みをうまく促す流れです。ダイレクトメールの創生期であれば少しの工夫でより良い効果が得られましたが、今ではありとあらゆる企業がこの手法を活用していますし、長年にわたって利用し続けられています。ですから注意深く中を見ることなく捨てられる運命のダイレクトメールも少なくありません。

マンガを入れることによりキャッチーさを生み出し、また理解しやすさや申し込みへの流れも作り出しやすくなります。無理のある流れではなく自然と興味をそそる流れを作り出せるので、嫌みのない広告手法が可能なわけです。有効性が高くて近年ではマンガ広告をダイレクトメールに用いるケースが増えてきていて、マンガの有無によってパフォーマンスの違いに大きな隔たりが見られるようです。

またマンガ広告は一度のダイレクトメール作成で使用できるだけでなく、何度も使用できる上に、インターネット媒体やその他の媒体にも使用できる点が大きな特徴です。イラストのイメージや描写方法、タッチなどを工夫することで、自社の商材にマッチしたマンガができ上がりますので、利用価値は必然的に増していきます。

ダイレクトメールにマンガを活用するときのポイント

闇雲にマンガ作りを行いダイレクトメールに掲載するだけではなかなか効果は得られず、広告の意味合いを失ってしまいます。宣伝したい商品やサービスを必要としているであろうターゲットの悩みをマンガで明確にし、その解決方法をマンガを通して伝えることがかなり大切なこととなります。一連の流れをマンガの中で構成できれば効果に繋がりやすくて、自然な形で申し込みや購入に進ませられます。

何かを販売する際や申し込みをする際には、自分自身が抱えている問題をいかに解決できるかが鍵になるので、その手段を示してあげられれば大きな強みになります。ただダイレクトメールという手法であればなかなか興味を持ってもらえないので、マンガを活用できれば気軽に読んでもらい、なおかつスムーズにダイレクトメールの送り手が意図している流れに引き込みやすくなるでしょう。特にダイレクトメールを送るターゲットが明確に定まっている際には有効で、マンガの開始部分から終結部分までの間に商品やサービスを利用した問題解決の部分を入れておくことが重要です。

終わりに

情報があらゆる媒体で溢れている時代だからこそ、情報を受け取る側は信憑性や重要性を非常に重要視します。様々な方法でそれらを勝ち得る必要がありますが、単に検証結果や商品やサービスのメリットを述べるだけでは不十分です。そこで活躍してくれるのがマンガです。まだまだ広告効果の高いダイレクトメールをさらにパワーアップするためにも、一度ぜひマンガの活用をご検討ください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。