マンガでテレワークを推進する会社が増えています

先進的な働き方として注目されているテレワーク。その導入にあたっては、メリットとデメリットを従業員に伝えることが大切です。そして今、このテレワークの理解を助けるツールとしてマンガを活用する企業が増えています。なぜ、テレワークにマンガなのでしょうか?今回はその理由を解説していきます!

近年注目を集めるテレワークとは

現在は働き方も変わりつつありますが、個々のライフスタイルに合わせて、ある程度自由に選べるような企業も増えつつあります。そうした中、近年注目を集めている働き方がテレワークと呼ばれるスタイルです。テレワークとはオフィス勤務という枠にとらわれず、仕事をする場所や時間の自由度を高めた柔軟な働き方を指します。IT技術などを駆使して、自宅やサテライトオフィスで働くのが一般的で、幅広い業界において徐々に浸透しつつあります。

自宅でオフィスと同様の仕事ができるようになり、出勤する時間を省けるようになれば、女性にとっても働きやすい環境が整えられます。現在は育児と仕事の両立が難しい実情があるものの、テレワークが導入されれば、そのハードルを低くすることも不可能ではありません。

ただし、このように非常にメリットの大きいテレワークですが、まだまだ日本中に浸透しているとはいえないのが実情です。一体、なぜでしょうか。

テレワークの導入をマンガで後押し

ますます注目されているテレワークですが、一方で導入になかなか踏み切れない企業も多いようです。その理由の一つは、テレワークのメリットを理解できていないことが考えられます。たとえ資料などで具体的な魅力などを訴求しても、各々が内容を読み解いて理解する必要がるため、良さが伝わりにくくなるのです。テレワークを導入するべき企業は決して少なくはありませんが、その魅力を伝えられないと全く意味をなさないといえるでしょう。

そこで活躍してくれるのがマンガです。テレワークのメリットをアピールする方法は様々ありますが、その中でも特に伝わりやすく、直接訴えかけられるのがマンガなのです。ただし、恐らく大半の方は「?」と疑問符が浮かんだのではないでしょうか?確かにマンガの何が良いのか、何が優れているのかと疑問が浮かぶのも仕方はありません。しかしマンガでテレワークを訴求することはメリットが多く、導入を検討中の企業に対して積極的に訴求できるのです。以下に詳しく見ていきましょう。

テレワークの魅力や欠点を視覚的に伝えることができる

マンガを利用してテレワークを訴求すれば、その良さを直接伝えることが可能です。文章も簡潔に抑えられますし、イラストなどを多用すれば想像が付きやすく、テレワークを導入した後の予想も立てやすくなるでしょう。特に文章では伝えにくいこともイラストで表現できるため、誰もが理解しやすい資料や訴求広告、ウェブサイトなどを作ることも難しくありません。

テレワークの魅力を伝える際にモデルケースを挙げる事例も珍しくないですが、文章では伝えられることに限界があります。一方のマンガなら表現方法・訴求パターンはほぼ無限大であり、実例や架空のモデルケースを利用してテレワークの魅力を伝えることができます。モデルケースと絡めてオフィス勤務との違いを説明したり、企業側にとってのメリットをあげたりするのも容易に実現可能です。

しかし、テレワークは企業の機密情報の流出や、顧客データの漏えい、コンピュータのウイルス感染など、セキュリティにおける様々なリスクが潜んでいます。テレワークを導入するには、こうしたセキュリティの問題を解決することも求められますが、マンガ広告ならばこうした欠点も視覚的に伝えられます。文章だけではデータ漏えいなどの恐ろしさは伝わりにくいですが、マンガでそれを表現すれば、ダイレクトに訴えかけることができるでしょう。

テレワークのメリットもマンガ広告でアピール

テレワークは今後も普及が進んでいくと考えられていますが、まだまだ発展途上であり、導入で足踏みしているケースも珍しくはありません。本格的に導入するならば、担当者がそのメリットとデメリットを把握する必要がありますが、文章のみでは伝わりにくいのが実情です。

マンガを利用すればそのメリットはもちろん、セキュリティのリスクなども伝えることができます。コスト削減に繋がるだけでなく、従業員がライフスタイルにあった働き方を選べるようになるテレワーク。長期間働ける環境を整えるためにも、マンガによってテレワークの導入を推進してみてはいかがでしょうか。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。