マンガは「会社理念の語り手」になる

マンガ広告が様々な場面で用いられるようになりましたが、営業活動や求職者に対してのアピール手段としてだけでなく、社内における理念共有のためにも活用できます。会社の理念を共有することで人間関係を良好にでき、売上の増加にもつながります。今回はそんな「理念共有とマンガ」についてご紹介します。

理念共有の重要性とは

会社の中には明確な理念を設定し、全社員に対して共有を義務づけているところも少なくありません。全員が共通の目標を持ちそれに向かって努力をすることができれば大きな強みとなり、同じ方向を向いた業務の遂行が可能になります。

創業の際に創業者やその他の人たちが大切にしていた思い、実績を築き上げる中で培った経験、エピソードなども大切な理念のひとつです。理念を明確にして社員に伝えることができれば、一気に社内の雰囲気が変わり新陳代謝の優れた会社に早変わりするでしょう。単なる同僚ではなく共に同じ目標を有する仲間といった意識が強くなり、仕事に対するモチベーションのアップにもつながります。

それぞれの会社によって独自性溢れる考え方や価値感を有していますが、創業メンバーや経営陣でない限りそれらを把握し理解している人はほとんどいないです。それでは会社が理想とする模範的な行動ができず、結果的に顧客などの第三者に対してより良いサービスの提供ができなくなってしまいます。会社の理念は会社全体の目標や思いだけでなく、各従業員の活動指針を示すことができます。

時代が進むにつれて当然会社のあるべき姿は変わらなくてはなりませんし、創業者が考えていた目的などの事柄から脱すべきこともあるでしょう。しかし根本的な理念は会社を取り巻く環境や社会環境が変わっても生き続けるものです。

そこで活躍してくれるのがマンガです。マンガというかたちで創業エピソードなどをまとめることにより、誰もが気軽に学ぶことができるようになり、会社全体の理念共有がよりいっそう強化されるのです。

理念共有ツールとしてのマンガ

マンガ広告を用いれば理念といった堅苦しい事柄に消極的な社員や求職者に対してもアプローチしやすく、イラストとセリフだけでわかりやすく伝達できます。伝えることが難しいものだからこそマンガという誰もが理解しやすい手法を採用することが大切で、うまく理念共有を行うためのコツでもあります。堅苦しい文章が長々と記されている書類を読むのが面倒、読んだとしても何も感じないという人が多い中、マンガ広告を重宝するのには明確な理由があるのです。

理念の設定がもたらすモチベーションのアップや維持、理想的な経営戦略の決定などは、回り回って最終的に働いている社員の利益となるでしょう。そもそも日本人は理念に対しての重要意識が非常に低い傾向にあるので、マンガ広告などをはじめとした特殊な方法を活用するのもひとつの手でしょう。少しの工夫で社員の考え方や会社全体の将来性が大きく変わってきます。

理念共通のマンガは採用にも活用できる

優れた理念を有している会社というのは社内的にもより良いものを生み出しますが、対外的にも大きな良い影響を与えます。外部に対して会社の理念を伝達するための目的は様々ありますが、その中のひとつが優秀な従業員の獲得にあります。

働きやすくて明確なビジョンを持っている会社で働きたいと考える求職者は非常に多く、それは新卒・既卒・転職者を問いません。しかし外部に対して自社の持つ理念を伝えることは非常に難解なので、マンガ広告という手段が用いられています。あらかじめマンガによって理念を伝えておけば、入社後にその理念に共有できるかどうかを早い段階で知ることができ、それは会社側にとっても求職者側にとっても大きなメリットを持ちます。理念共有のマンガは、いわば採用の切り札としても活用できるのです。

終わりに

理念共有が大切だといってもそれは一朝一夕のうちに成し遂げられるものではありません。語り継ぐ地道な努力が必要になりますが、そのような時間はなかなか確保できない…。そんなときにこそ、マンガが活躍します。「理念の語り手」として、従業員や求職者に対して「創業者のメッセージ」「目指している未来」などを分かりやすく説明してくれます。ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。