マンガの情報伝達力は、なんと文章の2倍!?

マンガは他の伝達方法に比べて伝達力が優れています。その力は、なんと文章の2倍です。なぜ、マンガの情報伝達力はここまで優れているのでしょうか?今回の記事では、そのヒミツに迫りたいと思います!

マンガの優れた情報伝達力

我々人間が情報に接するとき必死で情報処理を行おうとしますか、脳には限界があります。当然脳は万能ではないので、脳にとってわかりやすくてやさしい方法で情報提供してあげる方が圧倒的に処理能力が高まります。

一般的に活字で書かれている文章を1分間に呼んで処理することができる文字数は1,000文字が限界だと言われていて、よりしっかりと読む場合にはその文字数は当然減少します。しかしマンガ媒体であればその約2倍の2,000文字の情報を理解することができると言われています。ちなみに話す際の情報処理量は1分間に300文字分程度であり、執筆の場合にはさらに少なくて30文字程度だといわれています。

マンガの場合情報を理解しやすいというのはこれは単に読者側がメリットを享受できるだけではなく、何らかの情報を伝達したいと考えている発信者にも大きなメリットがあります。読者が多くの情報量を素早く脳内処理できるということは、読み手は面倒な思いをすることなく楽しい気持ちのまま情報に接することができるのです。ということは、ネガティブな思いをさせずに読んでもらうことができるのでより多くの情報を伝達でき、ポジティブな状況作りも可能になります。

マンガを使うと情報伝達力がアップする理由とは

上記のようにマンガを使うと同じ内容であっても多くの情報量をすぐさま理解できますが、これには人間の不思議な性質が関わっています。人間は脳で情報を理解しようとしますが、その際に右脳と左脳のどちらを使用するのかが重要になります。右脳は画像や空間的な把握、無意識に関する記憶などに強みを持っていて、左脳は言語分野や計算、意識に関する記憶に強みを持っています。

活字の場合は言語による解析のみを使用することになるので働くのは左脳だけですが、マンガの場合はそれに加えてイラストも加わるので画像に関する強みを持つ右脳も頑張って活動してくれます。その結果、飛躍的に情報処理量が向上し、伝達力も上がるというわけです。マンガと活字による差はなんと2倍もあるため、この手法を使わない手はありません。

おわりに

相手に情報を伝えたい時には、人間が情報処理をすることができる力を考える必要があります。活字だけの場合に比べてマンガを活用すると約2倍の量の情報を的確に伝えることができ、なおかつ情報内容に対する興味も同時に伝えられます。マンガ広告にご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。