マンガは長期記憶に効果がある

マンガはあらゆる媒体で描かれていて、人々を楽しませるだけでなく、プロモーション効果なども有しています。宣伝や告知活動の際には特に読み手に記憶に残ってもらう必要があり、長期記憶に残すことができれば長きにわたって様々な効果を享受できます。マンガならではのメリットや特徴を見ていきましょう。

マンガが長期記憶に残りやすい理由

一般的な活字は読み手が読む際に頭の中で自らストーリーを想像して情景を作り上げますが、完璧な情景を作り上げることできません。しかしマンガであれば起承転結がしっかりしたストーリー展開の中イラストを交えて読むことができるので、短期的な理解力が高まるだけではなく長期的な記憶にも好影響を与えます。

イラストやそのシーンに合ったセリフを目にすることによって、人間にとってよりわかりやすい形で脳が理解します。通常であればすぐに忘れてしまうような内容でも「イラスト、セリフ、ストーリー」の効果によって長期記憶しやすくするのです。

すでに様々な機関においてマンガと曲の関連性が研究されていますが、大学の実験結果で証明されました。日本教育工学会でも発表がなされていて、長期記憶の植え付けを目指す場合はマンガが重要な役割を担うことになるでしょう。

出典:https://www.cret.or.jp/dissertation/65/

特にストーリーにこだわられているマンガは読み手の頭に長い時間インプットされたままの状態になりやすいのです。

長期記憶のメリットとAIDMAの法則

長期記憶を読み手に対して与えることができれば、単純にプロモーション効果の有効時間が長引くため、長きにわたってアピールが可能になります。これは例えば大々的なプロモーション活動などを行う場合にも大きなコストパフォーマンスのアップに繋がり、他のアピール方法以上の成果を得やすくなります。

このメリットを語る上で欠かすことができないのがAIDMAの法則ですが、これは注意、興味、欲求、記憶、行動の英語における頭文字を組み合わせた法則です。マンガにストーリーは不可欠ですが、どんな流れにするのか次第で読み手に与える影響は異なり、当然記憶の長さにも違いが生じます。

注意、興味、欲求、記憶、行動の順番でストーリー展開したマンガであれば人間が自然と欲している情報を満たすことができますし、興味をそそることも可能です。認知段階から感情情段に移り、そして行動段階へ移りやすくする手助けができる点もマンガのメリットであり、これを可能にするのがAIDMAの法則です。深い関心を得やすくする、そして長期間記憶に残すというメリットはマンガがもたらす素晴らしい効果です。

おわりに

マンガは様々な目的で活用されていますが、AIDMAの法則を意識してストーリーが作られているマンガは特に長期記憶に残りやすいです。活字に比べて長い記憶を与えるメリットは様々あり、プロモーション活動におけるパフォーマンスアップやその他にも学習においても役立ちます。マンガ広告にご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。