学習マンガにみるマンガの効果のヒミツ

小学生を対象とした実験で学習マンガが果たす大きな役割が証明されました。学習マンガは長期記憶の創出に有効だといわれていますし、活字に不慣れな小学生でも気兼ねなく学ぶことができるというメリットがあります。今回は、そんなマンガの効果をご紹介します。

マンガにはどんな効果があるの?

学習マンガをはじめとしたマンガには他の情報伝達手法にはない独自のメリットがあります。「娯楽性が高い」「子供も興味を持ちやすい」「難しい内容もイラストを交えて説明しやすい」「自分の姿を作品内に投影できる」といった点が効果を生み出すポイントとなっており、学習教材には長短問わず様々な種類のマンガが掲載されています。

学習に対して積極的になれない子供でも嫌な気持ちを抱えることなく勉強に参加することができ、マンガを読み進めているうちに学ぶべき事柄が自然と頭の中に入っている、というケースすら珍しくありません。無理やり頭に詰め込む形での勉強ではないので長期記憶として残りやすいという特徴もありますし、マンガを通して一度学ぶと長年にわたって記憶し続けられるメリットがあります。勉強嫌いの子供に学習意欲を沸かせる効果もマンガにはあり、そのうえ認知の深さをより深くして理解度を飛躍的に高める効果も有しています。

長期記憶はマンガかもたらす大きなメリット

学習してもすぐに忘れてしまっては全く意味がなく、ある程度の期間得た情報を保持し続ける必要性があります。大々的に小学5年生を対象に実験がなされ、その結果勉強を終えても3週間程度は理解力が保持し続けているという結論に達しています。これは非常に素晴らしいことであり、特に大きな労力を払わず学んだ場合でも活字による勉強以上の効果を発揮する可能性を秘めているのです。特に小学生の場合は中学生や高校生以上にイラストに対して好意的であり、遊びながら無理なく勉強を行っているという感覚なのです。

ただストーリー仕立てにしてマンガ構成しているのではなく、AIDMAの法則に基づく形でストーリーを作りマンガ化している場合には、無理のない流れの中で興味を保持したまま学ぶべき事柄を頭に叩き込めているというわけです。AIDMAの法則の興味、関心部分が子供にはとても重要で、その後の欲求を経て長期的な記憶に結び付けています。この法則を活用できるからこそ長期記憶に結びつき、子供の学習機会の増大や興味の創出というメリットが生まれます。

おわりに

>学習マンガ目線でマンガの効果を見ると、手軽さやイラストの果たす役割の大きさを知ることができます。AIDMAの法則が活用されたストーリーにより長期記憶を生み出せるというのもマンガがもたらすヒミツです。マンガ広告にご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。