今流行りの「縦読みマンガ」とは?

マンガといえば縦ではなくて横に読み進めていくというスタイルが一般的でしたが、スマートフォンの普及によってその常識が変化しつつあります。使用する電子媒体によっては横読みマンガ以上に縦読みの方が読みやすいと言われ徐々に浸透している状況です。インターネットを介した宣伝活動、情報発信を検討しているのであれば横読み以上に縦読みマンガが有効かもしれません。そこで今回は、今流行りの縦読みマンガをご紹介します。

縦読みマンガとは一体何なのか?

マンガの歴史は古く日本では手で持って気軽に読むことができる単行本や大型の週刊コミック誌などで読まれてきました。その傾向は今でも変わりませんが、パソコンが流行し、ついにスマートフォン上でマンガを読むことができるようになり、利便性の点から横読みではなくて縦読みが一般的になりました。

スマートフォンの画面サイズは横よりも縦の方が長い傾向にありますし、マンガの1ページあたりの大きさもそれと同様に縦の方が長く、それを画面いっぱいに表示させて縦スクロールによって次々とページ送りをする形が縦読みマンガです。

親指の動きだけでサクサクと読み進めることができるので紙媒体のコミック本に比べて気軽に読みやすく、状況を問わず読書が可能なのは大きなメリットでしょう。拡大する必要もなくスムーズに読み進められて、ユーザーが理想としている読書のあり方を実現させてくれます。

無料公開されているものもあれば有料公開されているものもありますし、作品数もどんどん増えているのが特徴です。それは縦読みマンガの需要が増していて、多くの人たちに必要とされているからでしょう。

縦読みマンガはネットを使ったアプローチに最適

縦読みマンガはスマートフォンのみならずパソコンでの読書においても有効で、とても読みやすいと言われています。ですから商品紹介やサービスの魅力を伝えるためのマンガをランディングページなどに掲載したりなど、あらゆる目的でネット上で活用されています。

これまでは活字と画像、そして動画の利用が一般的でしたが、マンガが加わることによって華やかさがアップするだけでなくインパクトを与え、高い情報伝達能力を発揮してくれます。マンガを使ったアプローチは今や珍しい事ではなくなりましたが、やはり効果を挙げるためには縦読みマンガの利用がベストです。

おわりに

縦読みマンガは横読みマンガに比べ、スマートフォンやパソコンで読む際にとても便利で読み手に配慮した形式です。インターネット上にて情報を発信する際に用いられることも増え、商業用のマンガの配信も今や横読みマンガで行われる時代で、活用方法次第で無限の可能性を秘めています。マンガファクトリーならスマホに合わせたマンガの制作が可能です。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。