数字で納得!マンガは「読むことへのハードル」を下げてくれる!

インターネット上や書籍などに情報が溢れていますが、活字は読むことに対するハードルが高くて一部の読書好き以外は親しみにくいという特徴を持っています。しかしマンガは活字以上にハードルが低くて、老若男女様々な人たちが気軽に読むことが可能です。今回は、実際のアンケート結果を紹介しながらマンガの人気ぶりを確認していきます!

マンガの閲覧経験について

今回は、明治安田生命が実施したアンケート調査(https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2016/pdf/20160617_03.pdf )を参考にしたいと思います。世の中の人たちがマンガに対してどのように思っているのかを知るためには、実際の閲覧経験割合をチェックするのが近道です。

男性女性共に10代と20代、そして30代の人たちは日常的に頻繁にマンガを読んでいる人や自分が興味を持っている作品はチェックしているという人が大半です。これらの年代は男女ともに基本的に半数以上がここ最近もマンガに親しんでいる傾向にあり、40代以上の人たちも以前は頻繁に呼んでいたという人が大半を占めています。マンガに対して良いイメージがない人や読んだ経験がない人は70代以上の女性以外は基本的にかなり少なく、これによりマンガが数多くの世代で愛されていることがわかります。

時代によって人気になっているマンガ作品は異なり、例えば今から50年ほど前も当然人気作品はありました。ということは時代によって話題作は変わるもののマンガ自体の認知度や人気は変わることなく愛され続けているのです。例えば憧れのスポーツマンガを見て自分もそのスポーツをはじめた、人生を左右してくれたマンガがあるという人も多く、これはアンケート結果の数字からも見て取ることが可能です。

読むハードルを下げてくれるマンガは無敵の存在

情報を得るためには様々な媒体の活字文章を読む必要がありましたが、必死で頭を働かせなくてはなりません。しかしマンガであれば主にイラストを見て、その横に添えられているセリフを見ていれば内容が理解でき、たとえ自分が苦手としている分野の内容であっても興味を持ちやすくなります。

一部の人以外は読むことに対するハードルを感じていたのですが、アンケート結果の数字を見るとマンガの方が圧倒的に身近でハードルが低いことがわかります。マンガに好意的な印象を抱いている人は60%オーバーであり、閲覧に至っては約90%の人が経験しています。

基本的にどんなユーザーであってもマンガを用いれば効果的にアプローチ可能であり、それぞれのターゲットが好むイラストやストーリー展開によって、よりハードルを下げることができます。違和感を与えることなく自然と伝えたいことを伝えられるマンガは情報伝達方としても無敵です。

おわりに

マンガは活字の問題点でもあった読むことへのハードルを極限まで下げてくれ、多くの読み手は自分がその作品に登場しているかのような錯覚に陥ることもあります。少しの空き時間にみることもでき、頭を使うこともありませんし、マンガの人気はアンケート結果からも見て取れますね。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。