マンガ冊子やマンガパンフレットを制作したい方必見!③効果のあるデザイン

冊子やパンフレットは、コストパフォーマンスの優れた広告プロモーションツールです。ただデザイン次第で読み手の反応は大きく異なっており、成約などに大きく結びついていきます。そこで今回は、冊子やパンフレットの効果的なデザインについて解説したいと思います。

ターゲットに合わせたデザインを心がける

優れたデザインソフトの誕生などにより、我々の身の回りにはオシャレなデザインの紙媒体が多数存在しています。 ですので冊子やパンフレットを制作する際には効果的なデザインを想像したうえで作ることが重要です。

ただやみくもにオシャレさを追求するのではなく、宣伝したい商品やサービスなどのターゲットとなり得る人物像を想定し、そのターゲット人物が好みそうなデザインを心がけましょう。例えばお年寄りがターゲットの商材パンフレットにおいてカラフル過ぎるデザインはNGですし、逆に本来ポップなデザインで制作すべき冊子をシンプルかつ地味に作ってしまっては機会損失に繋がってしまいます。

ターゲットに合わせるためにはまず各種調査が必要になるので手順を踏むことになりますが、冊子やパンフレットを有効活用するためにはとても重要なことです。そのうえでマンガ広告を採り入れておけば多くの人たちに好まれ、読まれやすくなります。実際に老若男女にマンガは好まれていますし、冊子やパンフレットを読んでもらうきっかけにもなるでしょう。

優先順位に基づいたデザイン構成を行う

冊子やパンフレットには様々な情報を記載することになりますが、すべての情報の優先順位が同一ということはありえません。必ず特に重要な情報やそうではない情報などが入り乱れていますが、これらをきちんと整理した上でデザインを行えば、的確に伝えたいことを伝えられるだけではなく見栄えも良くなります。結果的に最も求めている申し込みや購入といった成約に結びつけやすくなります。

何を具体的に伝えたいのかを把握することがまず重要ですし、冊子やパンフレットの内容次第では求められる内容がかなり異なります。目的をはっきりと決め、優先順位に基づくデザイン制作を実行しましょう。

マンガが果たす役割も大きい

冊子やパンフレットを構成するものの中で最も占める割合が大きいものが文字になりますが、用いるフォント次第で全体的なデザインバランスが変わってきます。どのような商材なのか、ターゲットはだれなのかなどにより適切なフォントを選ぶようにしましょう。

また文字の他にも写真や図表などを使用することも多く、これらをどのようなバランスで配置するのかにより見栄えがかなり左右されます。安心して読み手が読み進められるような工夫を行い、文字ばかりでなく写真や図表を使ったわかりやすくてハードルの低いデザインを心がけてください。

またその他にマンガ広告を使用する例も増えてきていて、アピールしたい商品やサービスの詳細情報や使い方、メリットなどわかりやすくマンガで表現できます。これにより大して興味を抱いていなかった読み手に興味を抱かせるきっかけ作りができ、コストパフォーマンスのアップにもつながるでしょう。そしてマンガ広告がパンフレットの中にあるとデザイン力がぐんと向上し、ひと味もふた味も違ったクオリティの高い冊子やパンフレットになります。

おわりに

冊子やパンフレットはそれぞれ明確な目的をもって作られることが多く、それを成し遂げるためには商材やターゲットに応じたデザインを行わなくてはなりません。ターゲットに合ったデザインを心がけることは基本中の基本ですし、フォントや写真や図表などの配置バランス、掲載情報の重要度の選別など、デザイン段階において行うべきことは非常に多いです。またマンガ広告を活用することによって、わかりやすさだけではなくて冊子やパンフレットのデザイン力も大きく高められます。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。